交通事故治療コラム

積極損害とは

今日は積極損害についてお話ししていきます。積極損害として、裁判で認められた損害として、子どもの学習費、弁護士費用、遅延損害金などが請求できます。なお、裁判上の和解や朝廷で解決する場合には、弁護士費用は加害者と被害者でそれぞれの分をお互いの分を負担しあうのが通例です。

被害の程度、内容、年齢、家庭の状況などにより、必要と認められる場合には、相当な範囲内で認められます。

とはいっても被害者が、入院や治療のために授業が受けられなくなり学力が低下したとしても被害者本人の明らかな努力不足で留年したような場合には必ずしも認められるわけではありません。

交通事故のような不法行為による損害賠償請求事件では、裁判になった場合、被害者が依頼した弁護士に支払う報酬の一部について、その事故と因果関係のある相当な範囲内で加害者側に請求することができます。

被害者が弁護士を依頼する場合に、着手金や訴訟費用のような実費を払い、事件解決後に報酬を支払う約束をします。この弁護士に支払う報酬の一部を損害として請求できます。

交通事故発生から実際に損害賠償としての保険金が支払われるまでにはかなりの日数がかかるのが現状です。不法行為の日から被害弁償がなされたときまでのあいだ年5%の割合による遅延損害金を請求できることになっています。

ただし、被害者側で裁判を提起して判決がでれば、裁判所は遅延損害金の請求を認めてくれますが、それ以外の方法で解決した場合には、保険会社は遅延損害金の請求をしても認めてくれないのが現実です。

 

調査費用、転居費用、自宅における家政婦費、中絶費、ペットの保管料、旅行のキャンセル料、老人ホームの介護料につき、交通事故による相当の損害として請求を認めた例もあります。

たとえば、妊娠中の被害者が、交通事故で負傷して検査のためレントゲンによる透視検査を受けたり、胎児に悪影響を及ぼす可能性がある治療をうけたためら胎児を妊娠中絶したことにたいして中絶費用や慰謝料を認めた例もあります。

交通事故はいつ誰の身に襲いかかるかわかりません。ブログを読んでもわからないことや今お困りのことなどありましたらお気軽にご相談ください。

また、事故の治療を受けたい方や治療しているけど治りが悪い方などのご相談もお受けしておりますので安心してご相談くださいね!

2019.05.26

交通事故の自己負担

こんにちは!

佐賀県の基山町にある多賀はりきゅう整骨院です!

交通事故の治療を行っているせいか、最近テレビでも交通事故の話題がよく目に付きます。

悲しい事故に遭わないのが望ましいですが、もし交通事故の被害者、加害者になってしまった時に知っておいた方がいい知識をお伝えしていきます。

ではさっそくやっていきましょう!

まずは

『自損事故でも自賠責保険が適応されるのか?』

答えから申しますと、自損事故でも対物事故でも自賠責保険が適応となる場合があります。

事故状況によっては適用外となる場合もありますので一度ご相談ください。

 

『事故直後の痛みが軽いからとそのままにしない!』

交通事故による腰の痛みやしびれ、ムチ打ちは放っておいてよくなるものではありません。

思わぬ衝撃を受けたことで、体に多大な負荷がかかってしまったのでしっかり検査をして骨格の歪みをただしたり、筋肉の緊張をしっかりとっていく必要があります。

多賀はりきゅう整骨院は、そんな一人一人に合わせて施術のほうを行っていきます!

自賠責保険が適用となった場合、施術費の自己負担はありません。

任意保険の場合も同じく施術費の自己負担はありません。

また『ムチ打ち』に関してですが

ムチ打ちは見た目の外傷がなく、レントゲンでも異常がないと言われる事が多々あります。

本人はすごく辛いのにそれを分かってもらえないというパターンがすごく多いです。

職場でこの辛さを理解されなかったり、頭が重くて動けないのにも関わらず、ズル休みだと思われたり家族でさえ怠けていると思われる事があります。

交通事故の痛みの辛さというのは実際に体験しないと分からない事だらけです。

そんな患者様を何百人と診てきているので辛さはよく分かります。

『家族や職場にこの辛さを説明したいけどどういう風に説明したらいいか分からない…』

『いつぐらいから復帰したらいいか分からない』

など、特に初めての交通事故を経験される方はそういう不安がたくさんあると思います。

事故に遭ってから解決まで多賀はりきゅう整骨院がサポートをいたします。

先生の中には交通事故の施術や流れに精通している先生が在中しております。

分からない点や不安な点があったらすぐご相談ください。

 

 

 

当院は、朝の9時〜夜21時までの受け付けとなっております。

予約優先制となっておりますが交通事故の患者様は比較的すぐご案内できるのでお気軽にお電話ください。

多賀はりきゅう整骨院に交通事故の施術で初めて来院される方は、先に保険会社に当院に受診する事を伝えてもらってもいいですし当院に受診した後でも大丈夫です!

お電話お待ちしております!

2019.05.23

道路のローカルルール

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。

多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院では怪我の早期回復、根本治療、リハビリに力を入れております。

日本の道路を運転する場合、道路交通法という法律に則ったうえで走行することが許可されています。

しかし、最近ニュースでも取り上げられているように、地域の特性によって「ご当地交通ルール」という各地方独特の交通事情・運転マナーも存在するようです。

これらの独自ルールやマナーには全国的に有名なものもありますが、その多くが道路交通法に違反するものです。

名古屋走り

「黄色まだまだ、赤勝負」

いわゆる信号無視です。一般的な道交法を守っているドライバーであれば、黄色は原則として止まり、赤では完全に止まるのが当然です。しかし名古屋では、黄信号はまるで躊躇わず青信号と同じように進み、赤信号でやっと多少気をつける、と危ない走りをすることがあります。

まだ名古屋に慣れていないドライバーが黄色で停止していると、それをわざわざ避けてまで交差点に突っ込むこともあり、気性の荒い人だと、きちんと道路交通法を守って止まったドライバーを怒鳴りつけることもあるそうです。

「速度超過・早曲がり」

とにかくせっかちな名古屋走りでは、片側3車線という道幅の広さもあってか、スピード超過が多くみられます。曲がるときも、青信号になった瞬間急発進、対向車よりも早く交差点を通過します。

「ウインカーなしで車線変更・車線またぎ」

通常、車線を変更する際は、後続車にわかりやすいよう、早めに出すのが交通ルールです。ところが名古屋走りでは、基本的にウインカーを出さない、あるいは車線変更の直前に出すことがあります。

ときには連続で車線変更したり、車線を跨いだまま走り続けたりと、危険な運転が見受けられます。車線を跨ぎながら走り続けるのは走行区分違反です。

松本走り

交差点などで対向車が左折するのとほぼ同時に右折したり、直進してくる対向車よりも先に右折したりする行為を「松本走り」と呼びます。こうした運転について、松本は城下町で道が狭く、右折レーンのない道も多いからではと考えられています。

山梨ルール

山梨県もまた、「右折優先」という県内独自ルールが作られた地域です。交通ルールでは「左折優先」であり、教習所でももちろんそのように習うのですが、山梨県では逆に、右折が優先です。そのため、右折する車は対向車がいるいないに関わらず、減速せず右折してきます。

速度超過もまた、山梨ルールの特徴です。山道などの一車線しかないところでは、法定速度を守って運転しているドライバーがいたら後ろからピッタリくっついて煽られることもあるそうです。

さらに、歩行者が横断歩道で待っていても止まらず走る車優先社会です。

伊予の早曲がり

愛媛県民は、全体的におっとり穏やかといわれていますが、ここにもルールがあります。

信号が赤の間に交差点に進入して右折するという、松本走り、山梨ルールと同じ行為が見られます。右折車と直進車の間で事故が起こりやすいため、非常に問題となっています。

「ご当地交通ルール」は、単に他の土地から来た人が分かりづらいだけでなく、非常に事故を引き起こしやすいものでもあります。

長年続いてきた習慣を変えるのは簡単なことではありませんが、道路交通法がある以上、日本全国どこにいても共通の交通ルールは必ず守りましょう。

2019.05.20

事故の治療

今年はゴールデンウィークが長く、長い人では10連休ありましたね。こんなときにきおつけたいのが交通事故です。

大型連休中は車の通行量も増えて、交通事故が圧倒的に増えやすくなります。

交通事故はいつ自分の身に降り注ぐかわかりません。そんな時のための備えは十分できていますか??

交通事故はあってしまうと、大きな心の動揺でいつもどうりの思考が働かなくなってしまいます。

そんな時のための準備は絶対にしておきましょう。

交通事故の治療は、今は痛みなくても数年後、数十年後にサビのようにひつこくつきまとってくるようになります。

今、痛みがないからと治療をしなかったり、痛みが引いたからとはやく治療を見切ったりすると後々苦労することになることがほとんどです。

事故の治療はもちろん自賠責保険や任意保険から保険金がおります。しかし、示談が終わって数十年してあ、あのとき痛みかなと思ったときにはもう保険はおりませんし、治るのにも時間とお金が必要になります。

そんなことないでしょう?と、私は大丈夫と思っている方ばかりでしょうが、当院に来られる患者さまのほとんどが事故の後遺症で悩み来院され治療をしておけばよかったとみなさん言われます。

事故にあってすぐの治療も何日か痛みがある日だけするのではなく、しっかりとだいたい約3ヶ月の間続けて治療をしていきます。

事故にあうと今まで我慢できていた体の痛みが激痛に感じられるようになったり今までかんじてなかった痛みを感じるようになったりします。

それでもみなさんの日常生活は変わらず訪れます。仕事も行かなければなりませんし、家事もいままでと変わらずやっていかなければなりません。

治療は受けれるときにしっかり受けて体を整えておきましょう。

事故の治療は、当院では20分~30分で終わります。これる日はなるべく続けて通院します。

体の痛みを起こしてる原因の筋肉を緩めて調整したり、痛みをとる電気をあてて痛みの緩和、筋肉の柔軟性、関節の緩みを出していきます。

少しずつしか変わらないですが、これをしっかり一定期間続けていくと症状が必ず落ち着き始めます。ここまで治療をしておくと、再発のリスクもかなり下がります。

はじめは日常に、治療という時間をくみこんでいくのが大変だと思います。

ただ、今後の健康な体を守るために一緒に治療を頑張りましょう!

なにかわからないことがあれば一度ご相談下さい。

2019.05.17

整骨院での交通事故治療って何するの?

こんにちは!

佐賀県の基山町にある多賀はりきゅう整骨院です。

今回、お伝えしていく内容は

『整骨院での交通事故治療って何するの?』です。

交通事故治療というのは様々な種類がありますが、当院での交通事故治療の内容をお伝えしていきます。

 

交通事故の症状も様々で神経の損傷や興奮、筋肉の炎症、打撲などあります。

 

交通事故に遭って、神経が興奮している間もない時にマッサージのような強く指圧しても症状が悪化する可能性が高いです。

 

交通事故に遭う前にマッサージに通われてて、強く押されても気持ちいいぐらいの方が交通事故に遭われてさするような指圧でも激痛のように感じる事も珍しくはありません。

 

それだけ交通事故の後は神経の興奮が激しいという事です。

 

なので正しい知識をもって施術しないと悪い方向になってしまう事もあるということです。

 

特に交通事故直後と2~3ヶ月、半年の間に症状が変化する事も多々あります。

 

何故かというと、交通事故の直後は緊張状態が強く痛みに気づかない事があります。

 

そしてようやく緊張が解けてきた頃に症状が現れるという事もあります。

 

この時に大事なのは、最初痛みではなくても違和感があった時点でしっかりと担当の先生にお伝えしてください。

 

何故かというと、最初に痛みの場所を確認して施術を行っていきますが痛みがない所に対しては治療も行ってはいきません。

 

当然といえば当然ですが、2~3ヶ月経った時に痛みがでてきてそこも交通事故としての治療として行っていこうと思っても、その旨を保険会社に伝えると『交通事故に遭って間が空いているので日常生活による怪我となってしまいます』という風に言われる事が多いです。

そうなるとご自身の健康保険を使って治療を行って行く事になります。

当然、自己負担額もでてきます。

ここで事故直後〜整骨院までの流れを確認していきましょう。

①交通事故に遭う

②保険会社に連絡

③整形外科などの病院、又は整骨院

(ここは順番が逆になっても大丈夫です)

④痛みがある所、違和感がある所をしっかりと伝える

⑤整骨院での施術

(整骨院に行く前に保険会社に〇〇整骨院に通います。という風に言ってもらっても大丈夫ですし整骨院に行って治療を受けた後に保険会社に連絡してもらっても大丈夫です。)

⑥今後の治療方針のお話し

という風になっていきます。

何かこの流れの中で分からない事があればご相談ください。

佐賀県だけではなく他県からもお問い合わせがありますので治療だけではなくご相談だけでも構いませんのでご連絡おまちしております!

2019.05.14

交通事故が発生する状況

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。

多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院では怪我の早期回復、根本治療、リハビリに力を入れております。

以前お伝えしたように、交通事故の大半は不注意(安全運転義務違反)で占められています。

今回は、交通事故が発生しやすい状況についてご説明します。

場所

交差点での交通事故が54.1%と交通事故の半分以上を占めています。また、交差点を市街地と非市街地で分けた場合、市街地の交差点での交通事故が208,404件となり、交通事故の約44%となっています。

車両同士の事故

追突事故が41.1%、出会い頭の衝突が28.3%。この2つで約70%を占めています。

前の自動車に追突しないため、しっかりと車間距離をとりましょう。T字路や視界の悪い小さな交差点を走行する場合、出会い頭の衝突を避けるためには、一時停止や左右の確認を怠らないことが大切です。

人と車両の事故

続いては、人と車両による交通事故が発生した状況の統計です。横断歩道での交通事故が57.6%と非常に高くなっています。

運転をする際は、信号を渡っている歩行者に気が付かなかったということがないよう、十分に注意をしましょう。

また、横断歩道を渡る際は青信号でも左右の確認をし、信号が点滅していたら無理に渡らないなど、歩いている時でも交通事故に巻き込まれないための意識を持つようにしましょう。

時間帯

交通事故の発生件数を昼夜で比べると、昼間が全体の約73であるのに対し、夜間は約27でした。圧倒的に昼間に多いです。

理由としては、昼間は交通量、およびが車に乗っている人の数が多いことが考えられます。

一方で、交通事故を死亡事故率で分析すると、昼間の交通事故の死亡事故率が0.48%と非常に低いのに対し、夜間の場合は1.29%でした。なんと昼間の3です。

夜間の交通事故は、発生件数は少ないものの、重大事件につながる可能性が高いことに注意しておきましょう。

季節

意外にも、季節によっても交通事故の発生件数は変動します。

時期としては、夏は78月、冬は12月に多く見られます。帰省等のため、不慣れな道を運転する機会が増えることや、交通量が増えること等が理由として挙げられます。また、12月は降雪地域では路面の凍結による事故も多発しています。

このような時期は、普段以上に安全運転を心掛けましょう。

今回はここまでです。

交通事故によるお悩みがありましたら、いつでもご相談ください。

2019.05.11

自転車での事故

自転車同士の事故や自転車と歩行者の事故は年々増えています。車との事故では、自転車は弱者として捉えられがちでしたが、対歩行者の事故では加害者になることが多くなっています。

自転車は道路交通法の規制をうけます。

免許制度はありませんが、車両と運転者としての義務は四輪車やバイクなどと変わりません。

事故を起こせば警察に通報する義務があり、損害賠償や慰謝料などの民事上の責任も問われます。

自転車同士の事故や自転車と歩行者の事故で相手を死傷させた場合、加害自転車に重過失が認められれば、重過失傷罪が適用されることもあります。

自転車は、専用の道路が設けられている場合は、原則としてそこを通行しなければなりません。

歩道は、歩行者専用の安全通行エリアであり、道路標識などで自転車の走行が許可されている場合のみ通れます。また、歩行者の通行を妨げる場合には、一時停止の義務があります。

自転車の走行が認められていない歩道上で、自転車と歩行者との事故が起きた場合には、自転車に全面的な画質が認められることになります。

信号無視や一時停止、無灯火、酒酔いなど悪質、危険な違反については、取り締まりも厳しくなっており、積極的に検挙、適正な処分がなされることになっています。

自転車には自賠責保険のような強制加入の保険制度はありません。

そのため、自転車事故が起きた場合に被害者が救済されないことがあります。

自転車とはいえ、相手を死傷させれば加害者は高額の賠償責任を負うことになりますが一個人では限界があります。

自転車にのるひとは万一の事故に備えて損害保険会社で取り扱っている自転車保険や個人賠償責任特約に加入しておくとよいでしょう。

 

TSマークは、自転車を安全に利用してもらうための制度で、自転車安全整備士が点検、整備済みの自転車に添付されるシールです。

傷害保険と賠償責任保険の二つがセットになった一年間の付帯保険がついています。

青色マークと赤色マークがあり、補償内容が違ってきます。

TSマークのついた自転車安全整備店の看板のあるお店取り扱っています。

みなさんはよく何を使って移動をしていますか?車の方もいるでしょう。バイクの方も、徒歩の方も、交通機関の方も、そして自転車のかたも。

自転車は気軽に乗れて便利な交通手段ですが乗り方を間違えずに安全に使いましょう。

もし身の回りのことで、お困りのことがあれば一度ご相談下さい。

2019.05.08

お子さんの事故

こんにちは!

佐賀県の基山町にある多賀はりきゅう整骨院です。

最近はゴールデンウィークということもあり事故のニュースがよく目に付きました。

さらに、この時期は免許を取り立ての方も多く、事故も起こりやすい時期となっています。

この時期は普段の事故件数と比べて約1.6倍多くなるそうです。

そして、さらにお子さんの事故も多くなってきます。

一番は事故が起こらない事が何よりも大切です。

ただ子供は大人に比べて

『はっきりどこが痛いというのをいわない』事が多いです。

そして子供程、気を使って痛いと言わない子も多いです。

家族で車に乗っていて事故に遭った時、お子さんは泣いてパニックになると思います。

状況にもよりますが、まずはお子さんのお体の状態確認と精神的なケアが最優先です。

お子さんも大人と同様、痛いと言わなくても必ずレントゲンや専門医による検査を受けてください。

子供の頃に残ってしまったケガや後遺症は今後も残る可能性が非常に高いです。

これは大人でも同じ事がいえます。

整骨院では基本的に事故の施術であれば負担額0円で施術を受ける事ができます。

これは単に手技(マッサージ)だけではなく、神経の興奮を抑える低周波の電気治療、深部の筋肉や神経の炎症を抑えるハイボルトの電気治療など様々な治療を準備しております。

事故直後のむちうちなどは症状の変動が激しく、正しい知識を持っていないと施術の仕方によっては逆に悪化してしまうおそれがあります。

最初は軽く触れられるだけでも痛いという方もいらっしゃるぐらいです。

また事故後は1ヶ月後や2ヶ月経って違った症状が出る事もあります。

それをそのままにしておかず、しっかりと担当医に話してください。

保険屋さんによっては、1ヶ月も2ヶ月も経ってると日常生活で生じたケガというふうに処理される事があります。

そうなった場合、事故の保険を使っての施術は難しく健康保険を使い自己負担で施術を受けなければなりません。

なので、事故直後に痛みではなくても違和感があった時点でしっかりと担当医に話しをしておきましょう!

当院は交通時点の知識に精通している先生が在中しております。

整骨院の事だけでなく気軽にご相談ください。

当院は朝の9時〜夜の9時まで受け付けを行っております。

交通事故の施術も基本的には長くかかるものでもありません。

軽い事故だからといって安易に考えずしっかりと検査と施術を行ってください。

ご相談お待ちしております!

2019.05.05

交通事故が起こる要因


佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。

多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院では怪我の早期回復、根本治療、リハビリに力を入れております。

日本では、年間47万件以上の交通事故が発生していると言われています。

事故が起こる時は何らかの要因があります。事故になりやすい要因を知り、危険性を理解することで車を運転する時の意識の改善、ひいては交通事故の予防に繋がります。

交通事故が起こる要因

①安全不確認

交通事故の原因となる法令違反全体の約30%を占める安全不確認とは、一時停止や減速をしただけで、左右確認など安全確認を十分に行わなかったことを指します。

②脇見運転

脇見運転は、前方を見ないで運転することです。携帯電話やカーナビ、落ちたものを拾おうとするなど、何かしらに気を取られて前方から視線を外した状態を指します。特に携帯電話が普及しており、ながら運転をしやすくなっていますが大変危険な行為です。

平成30年(2018年)中、携帯電話使用等に起因する交通事故の件数は2,790件と、平成25年(2013年)の2,038件と比べて約1.4倍に増加しています。

また、「ながらスマホ」などによる携帯電話使用等に起因する交通死亡事故も毎年発生しており、平成30年は42件発生しています。

02_main_visual.png

③動静不注視

動静不注視とは、例えば横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいるにもかかわらず「止まってくれるだろう」と判断するなど、相手の動きへの注視が足りなかった場合です。

④漫然運転

ぼんやりしながら運転している状態のことです。運転に慣れてくると運転に集中できず危険な状態になることがあります。

⑤運転操作不適

運転操作不適はハンドル誤りやブレーキとアクセルの踏み間違えなどが当てはまります。

これらは全て安全運転義務違反となります。一時不停止や信号無視はこの後に続きます。

意図的なルール違反より、油断や不注意による事故が多いことがわかります。

車が進む距離

下の図は、車が1秒間に進む距離を時速20km40km60km80kmごとにまとめたものです。

02_08.jpeg

一般道で多い時速40kmでは1秒間に約11m、高速道路で多い時速80kmでは1秒間になんと22mも進みます。

一瞬の脇見運転が思わぬ事故を招くことがこれらからも分かります。

運転をする際には、速度制限をしっかり守り、適度な休憩をとりながら安全運転を心掛けましょう。

2019.05.02

 

もうすぐ大型連休ですね。今年は長い方だと10連休越えでゆっくり休める方も多いのではないでしょうか?そんな中遠出する方が増えて起きるのが交通事故ですね。このような大型連休では決まって交通事故の発生件数が倍増します。

交通事故はいつ誰に起こるかわかりませんし、命の危険がいつだれにせまるかわかりません。

安全運転みなさんできてますか?私が最近車に乗っていて感じるのは危険運転がとてと多いということです。テレビでよく話題になっている煽り運転もどこでも見かける風景になってしまっていますよね。

また、車線変更をウインカーなしで平気で行う人、黄色信号を平気で加速する人、事故は起きてしまってからでは遅いです。起こす前に気おつけましょう。運転している人だけでなく同乗者や、対向車のかたの命も預かっているのです。

ところで、交通事故のムチウチという名前をよく聞きませんか?ムチウチとはどんな症状を言うのでしょうか?

主なムチウチの症状

・立っていたり座っていたりすると起こる頭痛

・頭から手足まで出てくる様々な痛み

・疲れやすい、睡眠不足、常に寝不足

・天候に左右される頭痛やめまい

・自立神経症状

・集中力や思考力

・女性では月経困難など

私たちがみている患者さんで多いのは今まで感じていた痛みを今までより強く感じるようになったという声です。

 

みなさんの日常が時に辛くなり過ごしにくくなる、それは突然です。

交通事故事故は早期にしっかり治療しなければ後遺症として大変残りやすく、あとで出てきた後遺症に対しては慰謝料を請求することはできません。

痛みがないからと、治療を早期に終了して示談してしまわずに自分の体とよく話し合いましょう。

筋肉の硬さが残って痛みが出たり消えたりしているうちはまだまだ再発のリスクがかなり高い時期と言えます。自分で判断できない場合は整形外科の先生や整骨院の先生とじっくり話し合いましょう。

通院費のガソリン代や治療費、医師に診断書を書いてもらった時のお金、休業損害など交通事故にあってからの補助はしっかりついています。

不安に思わず、いまできる治療をしてしっかりやってもらうことがみなさんの体を健康に保つためにいちばんです。

辛い症状はあるのに、どこへ行けばいいのかわからない、どうしたらいいのかわからないといったお悩みをお持ちの方は一度当院にご相談下さい。

2019.04.30
48ページ中1ページ目
3号線沿い・JRけやき台駅徒歩5分
まずはお気軽にご連絡ください。
TEL 0942-85-9386
〒841-0201
佐賀県三養基郡基山町小倉1742-3
受付時間
9:00 ~
13:00
× ×
15:00 ~
21:00
× ×
  • 平日は21時まで受付
  • 土曜は15時まで受付(お昼休みはありません)
院外観
平日21時まで・土曜15時まで受付
各種保険取扱 駐車場・キッズスペース完備