交通事故でよく聞く示談とは、どのようなものでしょうか?

示談とは、民法上の和解契約のことです。交通事故の当事者である加害者側と被害者側とが、損害賠償額の内容や支払い時期などについて話し合い、双方が合意した内容で権利義務と支払い時期などが決まります。こうした示談による解決は、民法上の和解契約に当たります。示談が成立すると、示談書がさくせいされます。当事者は、この示談書に書かれた内容に拘束されます。話し合いで合意された金額の損害賠償金を支払期限までに支払う義務が発生します。この示談金を受け取る権利が発生します。加害者側に対して今後合意された金額以上の請求は一切しませんと言う、すなわち合意された金額以上の分は放棄しますと言う意味を持ちます。一旦示談が成立すれば、当事者は合意された内容に拘束されてしまいますので、その後少し位事情が変わったからといって、、原則として変更することができなくなります、。なお、変更できる場合についてはそういうこともあります。はい

一旦示談が成立すれば、当事者は合意された内容に拘束されてしまいますので、その後少し位事情が変わったからといって、原則として変更することができなくなります。なお、変更できる場合もあります。

加害者側や保険会社から、出された次男金額に不服があれば、後遺症で押し切られそうになっても決してあきらめず、日弁連号交通事故センター等の弁護士に相談してから示談しても決して遅くありません。

加害者側や保険会社から、出された示談金額に不服があれば、交渉で押し切られそうになっても決して諦めず、日弁連号交通事故センター等の弁護士に相談してから示談しても決して遅くありません。

ときには、加害者が逮捕拘留されていて、その家族や弁護士から示談しないと厳罰に処せられるので、早く示談してほしいと泣きつかれることもありますが、示談しなくても減刑の今願書を書いてあげれば済むこともあります。

示談するためには、まず被害者側の損害が決まらないと話し合いをすることができません。被害者にしてみれば、少しでも早く損害賠償金なり保険金なり受け取りたいと言う気持ちが強いと思います。しかししかし、まだ治療継続中何時出してしまいますと、その後予想外に治療が長引いてしまい、多額の治療費がかかった場合には損してしまいます。

 

皆さんは、交通事故にあったことがありますか?いざ、交通事故に遭ってしまったとき何をどうしたらいいのかパニック状態になってしまうと思います。今、お体や交通事故の手続き等でお困りのことがありましたら、いちど当院へご相談ください。