慰謝料」という言葉、いろんな場面で聞くことがあると思います。

離婚をした際や怪我をした際などにそれにより受けた肉体的苦痛や精神的苦痛などに対して「慰謝料」という損害賠償を相手方に請求します。

 

この慰謝料ですが、交通事故を起こした場合でも請求することは可能です。

しかし、請求可能な場合と不可能な場合があることをご存知ですか?

 

交通事故での、慰謝料についてですが、交通事故により被害者が怪我をしたり、死亡した場合の被害者、又は被害者遺族の被った肉体的、精神的な苦痛に対して慰謝料という損害賠償が発生します。

 

ここで、注目してほしいのは交通事故による慰謝料が認められるのは怪我、死亡、後遺障害が発生した人身事故の場合のみということです。

 

お車はそう簡単には取り換えがきかないものですし、修理できるとしてもそれまで大事に乗ってきた愛車を事故により破損した場合、精神的苦痛もあると思いますし、慰謝料を請求したいという気持ちもすごくわかります。

しかし、残念ながら物損事故の場合には、慰謝料を請求は認められていません。

物損事故の場合は、自賠責保険での適用ではありませんが、任意保険に加入している場合は保険の内容により損害を請求することは可能です。

 

最近では、高級外車も多く見かけるようになりました。

絶対にぶつけないという保証はどこにもありません。

特に、駐車場でぶつけてしまったという例は、少なくありません。

もし万が一、ぶつけてしまった場合は修理費なども多額になってきます。

そんな時の為に、任意保険の対物保障に追加しておくようにしましょう。

修理費のほかに代車費用などの結構負担となってしまう費用も保障してくれるます。

 

任意保険の内容は、よくわかっていないまま加入している方も意外に多くいらっしゃいます。

保険会社の方と良く相談しながら、様々な状況に対応できる内容にしておきましょう。

 

他にも任意保険の中で、あったほうが便利な物は「弁護士費用特約」です。

交通事故の際、弁護士にその後の件をおまかせしたいという方も多いと思いますが、その際の費用を保障してくれます。

弁護士に相談する際は、費用がネックになりなかなか頼れないという方もおられるとは思いますが、この特約があればその心配はいりません。

 

私たち多賀はりきゅう整骨院は、患者様のお身体を治すことはもちろんのこと事故を起こしてから治療が終了するまでの様々な手続きなどもサポートしていきます。

なにかお困りのことがありましたら、ぜひご来院ください。