交通事故により引き起こされる怪我の中で最も有名なのが「頚部捻挫

いわゆる「むち打ち」と言われるものです。

皆さんも一度は耳にしたことがあると思いますが、それほど発生頻度が高いのです。

しかも、様々な症状を引き起こす怪我なので、後遺症が残らないようにしっかりと治療していく必要があります。

 

今回は、そんなむち打ち以外の交通事故で発生しやすい怪我を紹介していきます。

 

骨折

骨折と言えば重大な交通事故や衝撃の強い事故の際に起こるイメージですが、意外にも身近に起こりやすいものなのです。

運転手、同乗者どちらにもそれぞれ骨折を起こしやすい部位があります。

まず運転手の場合ですが、ハンドルで胸部を強打することによる肋骨骨折です。

肋骨は楕円形の形をしていて衝撃をうまく逃がすような形状をしていますが、強い衝撃を加えられると意外と簡単に折れてしまうものなのです。

肋骨骨折は場合によっては、わかりにくい場合もあります。

呼吸をする際や体位変換に際に痛みが生じ、なかなか引かない場合やギシギシという音が確認できたらしっかりとレントゲンなどで見てもらったほうが良いでしょう。

次に助手席の場合ですが、それは股関節から太ももの大腿骨、膝関節までが好発部位です。

助手席にはダッシュボードがついていますが、そこに膝をぶつけた際に股関節にまで衝撃が伝わり骨折を起こす例があります。

また股関節や膝関節の脱臼を併発する場合も多くあります。

 

次に運転手や同乗者すべてに共通して発生しやすいものが、シートベルトによる損傷です。

シートベルトは、急に強く引っ張るとロックされる仕組みです。

皆さんも一度は、シートベルトを引いた際にガッとなった経験があるでしょう。

その仕組みがあるので、事故で急激にお身体が前に動いた際もロックされます。

その際に、シートベルトの圧迫力により骨折が起きやすのです。

肋骨、椎骨、鎖骨、骨盤などが骨折の好発部位になります。

また、頸動脈損傷なども発生するおそれがあります。

いずれも、シートベルトを正しく着用しなかった場合に多く発生しますので気を付けていきたいですね。

 

交通事故のお怪我には様々なものがあります。

軽いものから重度なものまで。

重度なものになると、しっかりと病院などで治療するとは思いますが、軽い症状、例えば指の痺れや偏頭痛などは治療に行かずにほったらかしにしがちです。

しかし、しっかりと治療を行えばそういった症状も治癒する事も可能です。

私たち多賀はりきゅう整骨院は交通事故治療の専門です。

何かお困りのことがございましたら、お気軽にお越しください。