交通事故でお身体を怪我したりお車を損傷したりなどの損害を受けるのは常に被害者だけとは限りません。

加害者側にも、怪我やお車の損傷はありますし、それを治療・修理するのにも費用がかかってきます。

では、加害者側は保険を使用することはできないのでしょうか。

 

結果から言うと使用することも可能です。

しかし、それぞれの保険によって補償が適用できる範囲が変わってきます。

 

・自賠責保険

自賠責保険は事故で死傷した人へ救済を目的としています。

事故で双方が死傷した場合は、それぞれが加入している自賠責保険から、過失割合に応じて相手方に保険金が支払われることになります。

被害者の過失がゼロの場合は、もし加害者が死傷しても相手(被害者側)の自賠責保険から補償を受けることはできませんが、そのようなケースはごく稀です。

 

・任意保険

加害者の加入している任意保険の契約内容によっては、加害者の100%の過失が認められる場合でも、保険金が支払われるものがあります。

「自損事故補償」

運転手が自らの事故で起こした事故によって死亡したり、傷害または後遺障害を被った場合にも保険金が支払われます。

過失が100%で、自賠責保険からの補償を受けることができないときに有効です。

「人身事故補償特約」

運転手の過失分まで含めて実際にかかった損害をすべて補償してもらえますが、「自損事故保険」と補償が重複することから、どちらか一方が付帯されている場合が多いみたいです。

労災保険

仕事中や通勤中に起こった怪我や病気の治療費、休業した場合の給与などを支払ってくれる保険です。

労働者自身の補償に限定されるので、相手の怪我や物損の補償は不可能です。

過失割合によって補償額が減額されることはありませんが、自賠責保険との間で調整され、重複して損害が補償されることはありませんので注意してください。

 

このように、加害者側でも相手に過失がある場合や加入している保険の内容によっては補償を受けることが可能です。

皆さんもこの機会にご自分の加入している保険の内容などをしっかりと把握しておくことをおススメします。

任意保険は、もし上記の内容が含まれていない場合はそれぞれの保険会社の方と相談し、どんな状況でも対応できるようにしておきましょう。

 

佐賀県三養基郡基山町にある多賀はりきゅう整骨院は、交通事故治療を専門にしております。

患者様がその後の生活を支障なく過ごせるようにしっかりとサポートしていきます。

また交通事故アドバイザーも在籍しておりますので、手続きや保険会社の方とのやりとりで何かお困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい。