旅行の時、使われることの多いレンタカーですが、万が一事故を起こした場合、当然責任は起こした自分にきます。

事故によって相手にケガや相手が亡くなってしまった場合「刑事責任」、事故を起こしたことによって違反点数がつく「行政上の責任」(場合によっては免許停止処分)、ケガをした相手の治療費や壊れた車の修理費用の弁償の際の「民事上の責任」と、ここまでは通常の事故と同じですが、さらに、借りていた車が壊れた場合は、レンタカー屋さんに生じた損害も賠償しなければなりません。に、車自体の修理費用や車の修理が終わるまでの営業損失などがあげられます。ただ、「お金を支払う責任」については、保険で肩代わりしてもらえる可能性があります。

多くのレンタカー屋さんで基本プランに含まれているのが「対人補償」「対物補償」「車両補償」の3つの保険です。これらの保険はとても重要なものなので、レンタカーを利用する際は必ず確認しておきましょう。

「対人補償」は、無制限に補償してくれる内容であることが多いです。「対物補償」は、無制限から3000万円までと様々です。「車両補償」は、基本は車両時価額までとされていることが多いです。また、「対物・車両補償」については、「免責額」が定められています。(免責額までは利用者が払い、残りはレンタカー屋さんが負担してくれること)

「免責額」は「対物・車両補償」それぞれ5万円ずつで定められているのががほとんどであるため、お互いの車が壊れた場合は10万円支払うことになります。

しかし、その「免責額」も免れることができる制度があります。それが「免責補償制度(CDW)」です。事前に24時間あたり1000円程度で加入することができるので、ご不安の方は検討されてみてはいかがでしょうか。

レンタカー屋さんのしばらく車が使えない「営業損害」については、どうしても補償してもらえません。支払いの際は、「ノン・オペレーション・チャージ(NOC)」という名称で、自走出来る場合2万円、自走できない場合5万円などと、定額になっています。

レンタカー屋さんの契約での制度とは別に、ご自身の任意保険に「他車運転危険補償特約」がついていたり、ドライバー保険に入っている方は、それらによって肩代わり出来る可能性があります。

また、以下の事項はレンタカー屋さんで保険利用できなくなるので注意してください。(全額負担になる)

出発時に申請していない人の運転で事故 無免許運転、飲酒運転での事故 ンタカー延滞中での事故 警察に連絡しておらず事故証明書がない レンタカー屋さんに連絡していない ・勝手に相手と̪示談する

レンタカーを利用される際は、補償内容などは一度、出発前にパンフレットや店頭で確認されることをおススメします。

また、交通事故でお困りの際は当院までお越し下さい。