こんばんは!!

仕事納めをされた方もたくさんいらっしゃると思います。

今年もお疲れ様でした!!

また年末年始休まず働かれる方は、ご苦労様です

私達は昨日で仕事納めで、本日は院内の大掃除を行います。

今日から1月3日までの休暇をいただきますが、年末年始もしっかり働いてくださる方々のお陰ですので、ゆっくり体を休め年始からの診療にそなえます。

 

さて、年末年始で帰省される方も多く世間では帰省ラッシュが起こっています。

帰省ラッシュに強烈な寒波が襲いかかってくることも連日のニュースで報道されていますが、私共はもう一つ心配な事があります。

それは、交通量が急増することによる事故の多発です。

帰省となれば長距離の運転になりますが、それに加えて渋滞に巻き込まれるとさらに長時間運転をすることになります。

渋滞というものは、精神的に相当なストレスになります。

普段、運転に慣れている方でも疲労が溜まっていくでしょう。

そうなった際に、起こることが注意力の低下です。

普段よりも、ブレーキを踏むタイミングが遅れたり普段であれば気付くはずの信号や標識に気付かなかったりと人間の注意力とはそれほど簡単に低下してしまいます。

 

その中で、多いのが追突事故です。

信号停車中の車両や車線に入ろうとして停車している車両に追突する例が多いのです。

追突事故は、被害者も加害者もむち打ちなどのお怪我を追うことは必ずあります。

むち打ちになってくれば、なかなか症状が完治しない事もありますし、時間の経過とともに痺れなどの症状が新たに出現する事も多いのです。

 

身体的に大きな損害を負ってしまう方のほかに、精神的ダメージを負う方も中にはいらっしゃいます。

わかりやすくいうとトラウマのようなものです。

 

後ろから衝突してくる車をバックミラーで見てしまっていた方などはその映像が脳内に残り同じような現場に遭遇した際にフラッシュバックされるのです。

実際に当院の患者様でも、いらっしゃいました。

ご夫婦だったのですが、やはり信号停車中に後ろから接近する車両があると緊張し身を構えてしまうそうでした。

その患者様は、まだ症状としては軽い方でしたが重度の方だと運転が怖くなったりして運転できなくなる方もいらっしゃいます。

そうならない為にも、運転中の休憩はこまめにとるようにしましょう。

もし、運転できる方が複数人いるのであれば、交代しながらの運転が最も安全です。

 

なにより、運転は他の車両とうまく譲りあい気を配りながらしていかなければいけません。

 

皆さんも、気をつけて運転をしよい年末年始をお過ごしください!

何かお困りの事があれば、佐賀県三養基郡基山町にある多賀はりきゅう整骨院にお越しください。

2018年は大変お世話になりました。

 

2019年が皆様にとって良い一年になることを願っております。