タクシーやトラックなどの運輸業界で交通事故対策や防犯対策として装備されるドライブレコーダーですが、最近は一般の家庭でも装備しているところが増えてきました。ドライブレコーダーの種類もいろいろあり、事故の衝撃を感知し画像を残す「衝撃感知型」や常に録画できる「常時録画型」があり、テクノロジーの進化と共に小型化されたものや、カーナビ機能が搭載されたものまで出てきています。

実際に事故が起きた場合のドライブレコーダーの役割ですが、まず事故の記録が残る為、証拠として裁判所に提出することが可能です。事故で相手が嘘をついている場合でも訴えの正当性を物的証拠として提出することが出来ます。また、交通事故で自分が救急搬送された場合、警察の実況見分に立ち会うことができないので、相手方の主張で事故調書が作成されてしまうことがあります。そういった場合でも証拠画像として利用することが出来ます。ただし、ドライブレコーダーはデジタル記録なため、意図的な改ざんが不可能ではなく裁判相手から証拠能力が疑われると主張されることもあるので、提出の際はすぐに警察や保険会社ではなく、弁護士などの専門家に相談し、信頼できる解析業者などの手を借りることが必要です。

ちなみに、ドライブレコーダーは偶発的な事故の他に、わざと車にあたり慰謝料を請求してくる”当たり屋”への対応策としても非常に効果があるとされています。常時録画型であれば、走行中以外でも車上荒らしや当て逃げ、いたずら防止に活用できます。

そのほかにも、記録を見て自分の運転を振り返る事で、「なぜこんな操作をしたのか」、「気づかなかったけど事故一歩手前だった」と、状況確認から交通事故を起こさない運転を心がけさせる手段となったり、外部メモリーを利用し長時間の画像記録ができるドライブレコーダーを使えば、楽しかったドライブシーンを振り返ることもできます。美しい観光地や風景を走った時の思い出を記録として残せるので、運転を充実させることもできるでしょう。

ドライブレコーダーを使って、事故防止と日常の豊かなカーライフをおくりましょう。また、万が一事故が起きた際は、多賀はりきゅう整骨院までぜひお越し下さい。そのほか、交通事故について分からないことがあればご相談下さい。