交通事故 自動車事故 人 人形 人物 フィギュア ミニチュア 車 イメージ 自動車 乗り物 おもちゃ ミニカー 置物 車両 模型 車体 交通安全 アクシデント トラブル カメラマン スクープ 衝撃的 衝撃写真 衝突 激突 ぶつかる 危険運転 撮影 白バック

任意保険についてくる「弁護士費用特約」は、交通事故でかかった弁護士費用を保険会社が負担してくれるものです。具体的には、交通事故で弁護士に相談するための相談料や示談交渉にかかる費用、裁判になった時の費用などを保険会社が支払ってくれるため、万が一の場合のためにつけておくと安心です。

弁護士費用の負担がなくなること以外に「弁護士費用特約」には他にメリットがあります。

1.慰謝料や賠償金アップ

弁護士に依頼することで、被害者自身で示談交渉するより慰謝料が大幅にアップします。交通事故の賠償金の計算基準には3種類あり、低いほうから「自賠責基準」、「任意保険基準」、「弁護士・裁判基準」となります。比べると3倍以上になることもあり、とてもお得です。

2.保険の等級が下がらない

通常、交通事故で任意保険を使うと等級が下がり、翌年度の自動車保険料が上がってしまいます。当然、「弁護士費用特約」は任意保険についてくるので、使うと下がってしまうと思われるかもしれませんが、実際には下がりません。なので、迷わず利用していきましょう。

3.間違った対応がなくなる

交通事故後の対応にはいろいろ注意することがあります。たとえば、事故後から治療終了まで確実に通院しなければいけないことや、通院先の病院の選び方、後遺障害の等級認定請求の方法や資料集め、損害賠償金額の計算方法の問題などについても知識が必要になってきます。このような状況で被害者自身が対応していると、誤った対応をしてあとから不利益をうけてしまう恐れがあります。仮に被害者が通院しているときに相手が一方的に治療費支払いを打ち切って来た場合、被害者の自己判断で通院を途中でやめてしまうと、後で請求する慰謝料の金額が大きく下がってしまう恐れがあります。そうならないためにも弁護士費用特約で弁護士に相談することが重要です。

4.手間が省ける

交通事故で示談交渉するのは、被害者にとってとても手間がかかってきます。特に、事故後は怪我で体が思うように動かなくなっていることもあって、ただでさえ生活が困難な状況をかかえています。中には、仕事ができなくなったり、家族と不和になってしまったりと事故対応どころではなくなることもあります。このようなときに弁護士費用特約で弁護士に依頼して対応してもらうことで、治療に専念することができますし、怪我の治療効果も上がって非常に助かります。

5.精神的に楽ができる

交通事故後の対応は、負担がどうしても重くなります。相手の保険会社も営利目的の企業なので、なるべく支払いを減らそうとしてきます。被害者の過失割合を大きく主張してくることもありますし、まるで被害者が悪者であるかのような言動をとってくることもあります。また、被害者が思ってもみないような低額の慰謝料の提示をしてくる場合もあり、被害者にとってとても精神的に苦しく、最悪の場合うつ病になる恐れもあります。ここで弁護士費用特約で弁護士に依頼すれば、精神的に楽ができるので、安心して生活することができるようになります。

今回は、任意保険の「弁護士費用特約」のあると便利なポイントについて載せました。どういった場面で使えるのかなどはまた今度載せたいとおもいます。また、万が一事故が起きた際は多賀はりきゅう整骨院までお越し下さい。