交通事故と一言にいっても様々なシーンでの事故があります。

車両同士、歩行者との事故

交差点での事故、追突事故、逆走事故、スリップ事故

死傷者の出る事故、単独の自損事故

 

それぞれの場面で、事故を起こした方の過失も変わってきます。

通常ほとんどの場面で両者に過失が発生しますが、稀にどちらか一方の過失だけの場合もあります。

いわゆる「無責事故」と呼ばれるものです。

 

無責事故の例を出すと

自ら電柱にぶつかる自損事故の場合

わき見運転や居眠り運転により信号停車中の車両に追突した場合

赤信号で交差点に進入した場合

等があります。

ニュースなどで話題となる大きな交通事故はこのようなケースが多い気がしますね。

 

ここで問題なのが、保険が適用できるかです。

自賠責保険に関しては、適用範囲外となります。

そもそも自賠責保険とは、対人事故の場合に賠償を補償する目的で作られたものです。

無責事故は、「100%被害者の責任で発生した事故」のこと。

簡単に言えば、自損事故の様な扱いですね。

そうなった場合、全ての賠償をご自分で負担しなければいけないことになります。

 

しかし、みなさん任意保険というものはご存知でしょうか。

自賠責保険が強制保険と言われているのに対して、任意保険はご自分で加入を選択できる保険です。

 

仮に無責事故をおこしてしまった場合、任意保険の自損事故保険金の適用対象となります。

しかし、車両同士の事故の場合、少なからず双方に過失がある為、無責事故となるケースはほとんどありえません。

しかし死亡事故の場合、無責事故として処理されてしまう例が多いようです。

被害者が死亡してしまった場合、片方の言い分だけで被害者の一方的な過失として扱われてしまい、死亡している場合や意識が回復しない場合は証言をすることができないので無責事故となってしまうようです。

 

このような状況は皆さんにも訪れる可能性が少なからずあります。

そうなった場合にもしっかりと、任意保険にも加入しておきましょう。

死亡した後に、お困りになるのはあなたのご家族です。

 

もちろん、無責事故になってしまった場合でもお身体には相当のダメージが加わると思います。

そのような場合でも、当院では交通事故治療を受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

 

交通事故の治療は、比較的長い治療期間を要する場合があります。

その治療期間を左右するのは、治療を始めるのが早いか遅いかです。

少しでも事故後にお身体に違和感を感じましたら迷わず近くの医療機関にご相談ください。