自損事故とは、運転者が人以外のどこかにぶつける事故を言います

今日は交通事故の基本的なお話です。

自損事故って?

自損事故とは、運転者が人以外のどこかにぶつける事故を言います。ただし、例外として、飛び石事故などの飛来物による事故や動物との衝突事故も自損事故に含まれます。単独事故と言うこともあります。

自損事故の対義語は特にありません。交通事故と言えば通常は相手方のある事故を指すためでしょう。強いて言えば「相手方のある事故」と言えるかもしれません。

交通事故と道路外事故?

自動車事故は、その発生した場所の区別で、交通事故と道路外事故に分けることができます。交通事故とは道路上で発生した事故です。これに対して、道路外事故とはコンビニやスーパーなどの敷地内で発生した事故を言います。

道路外事故は反則金や点数などの行政上の処分がないことが大きな特徴です。

刑事上の責任は交通事故と同様です。人を死傷させれば、過失運転致死傷罪や危険運転致死傷罪に問われる可能性がある点は交通事故と変わりありません。

民事上の責任も交通事故と同様です。駐車場などでフェンスにぶつけてしまった場合や人を死傷させてしまった場合には賠償責任を負います。

道路外事故でも任意保険は対人賠責・対物賠責共に利用可能です。ただし、自賠責保険は道路上の事故のみを対象としているため利用できません。

物損事故?

物損事故とは、自動車や施設、設備などの財産に対して損害を与えられた事故です。駐車場を出るときにちょっとバンパーを擦ってしまった軽いものから、踏切に進入して電車と接触したような重大な事例まで種類や内容はさまざまです。

物損事故の主な原因の一つに、「追突」があります。運転中の携帯電話やカーナビの操作、テレビの視聴などの前方不注意から、ブレーキを踏んでも間に合わず自動車や設備などに追突してしまうのです。ほかには、スピードの出し過ぎや、車間距離の詰め過ぎによる原因も挙げられます。追突事故は運転中にわき見をせず、安全な速度で車間をしっかりと空けていれば回避できることができる事故だと言えるでしょう。

さらに自動車をバックしているときに施設、設備などに接触させる事故も増えています。ガソリンスタンドの給油台に接触させたり、駐車場で壁や料金メーターに衝突して壊してしまったり、アクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニやお店などに突っ込んだりする事故も多発しています。
こういった事故を起こさないために日頃から自動車の運転に慣れることや、運転中に何かヒヤッとすることがあったとしても慌てず深呼吸などをして冷静になるのが大切です。最近ではバックモニターで車の後ろの状況が確認できるシステムを内蔵した自動車も発売されており、事故防止に役立っています。

 

など、交通事故に関する項目は皆さんわからないことだらけでお困りの方も多いと思います。

まずはご相談からでも、お問い合わせ下さい。

電話対応も行なっております。