みなさん交通事故に遭遇した際、すぐに対応できますか?

交通事故に遭われたことのある方でもそうでない方も事故に遭遇した際は気が動転しうまく対応することが出来ないと思います。

はじめて交通事故に遭われた方であればなおさらです。

 

今回は交通事故発生から事故治療を行い最終的に保険金が支払われるまでの流れを簡単にご紹介していきます。

まず、交通事故発生時にしなければいけない事です。

交通事故には、死亡事故、傷害事故、物損事故(単独事故)等があります。

負傷者がいる場合は、負傷者の救護措置、他の車両の巻き込み防止の為に危険防止措置をしたうえで警察に電話をしましょう。

その際に、現場で双方の連絡先を交換しておきましょう。

のちのち連絡を取りますのでその際に必要です。

警察が到着してからは、実況見分を行いますのでその場で待機しましょう。

その時に、保険会社にも事故が遭った旨を報告します。

もしお身体に何らかの異常があった場合は、整形外科などの最寄りの病院、又はご自宅から近い病院に行くことを伝えておきましょう。

病院に行くのが遅くなれば遅くなるほど事故との因果関係を証明しずらくなりますので、なるべく早く診せに行った方が良いです。

その後、病院、整骨院での治療を進めていきます。

症状が完治すればその時点で治療は終了しますが、交通事故でのお怪我は後遺症が残ってしまうこともあります。

治療が長期になりこれ以上治療を継続しても症状の改善が認められないと医師が判断すれば「症状固定」になり後遺障害の等級を決め、その等級に応じた賠償金の支払いがあります。

しかし、症状固定とされた後は、治療費や休業補償の支払いはありません。

保険会社から症状固定して下さいといわれたり医師によっては時期尚早なこともありますので、ご自身がまだ治療の効果を感じているのであればしっかりと相談することも大切です。

 

最終的な保険金などの支払額については、こちらの保険会社と相手方の保険会社との話し合い(示談)によって決定されます。

示談は、一旦決まるとほとんど覆らないので損害が多くしっかりと損害賠償を受け取りたいのであれば、弁護士に依頼することも可能です。

弁護士に依頼していれば、調停・裁判になった際も有利になります。

しかし、弁護士への依頼料は一般的には高くなります。

そんなときの為に、任意保険の特約の中に「弁護士費用特約」というものがあります。

 

その後、示談または裁判・調停で決まれば保険金が支払われるという流れです。

 

みなさん今回はざっとご説明しましたが、詳しい内容は過去のブログにもありますので、是非ご覧になってください。

なにか、お困りの事や気になる事がありましたら当院にお電話ください。