仕事中や通勤途中で交通事故に遭った場合、「労災保険」を使うことができます。しかし、多くの会社では労災を使うのが消極的なことがほとんどで、自分で申請を行う必要が出てきます。

では、実際に労災が使えるケース、使うメリットについて解説していきます。

労災保険制度は、「業務上および通勤途中で負った傷病など」に対する補償で、社会復帰を目指すためのものになります。労災の保険料は会社が負担していて、正社員・アルバイトなどの雇用形態に関係なく、誰でも適用が可能です。

業務上で労災を使うためには、「業務遂行性」(事業主の支配・管理下に置かれている状態)、「業務起因性」(怪我と仕事の間で関連性がある)が必要で、例えば、

  • 営業車を運転中に起こした事故
  • トラックで配達中に起こした事故
  • 出張移動中の事故

などがあげられます。なお、業務中は「休憩や移動の時間」も含まれるため、休憩時飲み物を買いに行ったときや、トイレに行くときの事故でも業務中の労災として扱えます。

通勤中の労災では、まず通勤の定義に当てはまるかが問われてきます。

一般的に使えるケースとして、

  • 住居と就業場所との往復で起きた事故
  • 就業場所からほかの就業場所に移動する際の事故
  • 単身赴任先から帰省先の家に移動する際の事故

などがあげられますが、途中で移動経路を逸脱したり、移動を中断した場合は、通勤として認められない可能性が高くなります。具体的には、

  • 仕事帰りに飲食店に立ち寄る
  • 服を買うためにデパートに行った
  • 通勤経路が混んでいて、別のルートを使った

といったケースになります。ただし、逸脱・中断が厚生労働省令で定める「やむをえない事由により行うための最小限度のもの(日用品の買い物など)」であれば、通勤として認められます。

自分の事故が通勤災害として認められるか、まずは職場に確認してみましょう。

○交通事故で労災を使うメリット

その一、示談交渉の影響を受けない

労災保険を使う場合、国が被害者も補償します。そのため、加害者側との示談交渉に関係なく補償を受ける事が出来るのです。ただし、労災申請の際は、必ず示談交渉前に行いましょう。

その二、被害者の負担金がない

労災保険を利用し「労災指定病院」で治療すれば、病院があなたの代わりに治療費を請求してくれるので、費用を立て替える必要が無くなります。

その三、治療費の上限がなく安心して治療ができる

自賠責保険の補償する治療費は「上限120万円」と決められています。その点、労災保険は「治療費の上限」が無いので、納得いくまで治療を続けることができます。

その四、過失割合に関係なく補償される

交通事故では、怪我をした被害者に対して過失があった場合、「重過失減額」、「過失相殺」により、補償が減額されます。しかし、労災保険には、この2つがないので、過失があった場合でも治療費等が減額されません。

以上が、交通事故で労災保険を使うメリットになります。他にも交通事故についてわからないことがあれば是非、多賀はりきゅう整骨院までお越しいただくか、お問い合わせください。