今回は、当院に事故治療で通院されていた患者様の経過報告をしたいと思います。

50代女性 Tさま

駐車場を直進中にトラックがバックで後進してきてそこに運転席側を衝突し負傷

今回の患者様は、事故から一カ月ほどたってからの来院でした。

初期から頭痛、首の痛み、腰痛、両足のシビレと冷えさらに左目から涙が止まらないという症状で来院されました。

治療内容としては、初期はテーピングによる患部の固定、電気療法、運動療法、手技療法、温熱療法などを行いました。

治療初期は、頭痛や足の冷えなどの症状から順調に改善していき経過としては良好

しかし治療開始から半月ほど経過して仕事に復帰したのですが、そこから症状が悪化したのです。

それまで、順調に回復していた症状も強くなり、さらに初期から今まで強い痛みがなかった部分まで痛みが増幅しました。

 

①もともとそこまで症状はなかったが事故後強い症状を感じるようになった

①生活は今までと何も変わらない

以上のことを踏まえると、そもそもTさんの場合は普段の私生活で相当な負担というものがお身体にかかっていたのですが何とか不調を感じずにお身体は耐え抜いてきた

しかし、事故による通常ではありえないレベルの衝撃によりお身体が強いストレスとダメージを感じた

それにより今までと何ら変わりのない生活でもささいな負担がお身体には深刻なダメージとして感じてしまっている状態です。

 

実際に、Tさんにお話を伺うとお仕事内容はお身体をしっかり動かす内容でしたし、普段に生活の中でもお身体に悪い影響を与えるような習慣をしていました。

何より姿勢が悪い、特に極度の猫背だったのです。

これまでの治療では、なかなか改善が見られなかったのでTさんには生活習慣を変えてもらい(今回は患者さん自ら転職をされました)、当院の猫背矯正での治療を定期的に行うことにしました。

そこからは、しっかり症状は軽減していき左目の症状、足の冷えは完全に消失

現在は、残り少ない治療期間でしっかりと改善する為に毎日通院して頂いてます。

 

今回のような件は決して珍しいことでは、ありません。

交通事故の衝撃が、きっかけで日頃のなんでもない負担がとても強い症状を引き起こす例はたくさんあります。

なかなか完治しなかった症状が姿勢矯正を受けただけで完治したという例もあります。

いくら事故治療といっても、どのような治療がその方に合っているかは全く違います。

私たち、多賀はりきゅう整骨院は交通事故治療の実績は豊富です。

しっかりと症状を治していきますので、お困りの際は是非お電話下さい。