交通事故の被害者になった場合、加害者である相手方より治療費や通院交通費、休業損害、慰謝料などを請求することができますが、そもそも慰謝料の計算基準ってどういったものなのでしょうか。そんな慰謝料と交通事故についてお伝えしていきます。

慰謝料とは簡単に言うと、精神的な苦痛による損害賠償の為のお金になります。身体、名誉、財産権など精神的苦痛といってもいろんな種類があります。

交通事故の傷害での慰謝料は、入院・通院の月数に基づいてある程度定額化されています。これは結構重要で、ある程度基準のものがないと、被害者と加害者の話し合いが進まないためです。

例えば、被害者が「100万円払え!」と言い、加害者が「10万円しか払わない!」といった場合、100万円には根拠がなく、自分の気が済めばいいという理由や、「10万円しか払えないから示談してほしい」といった理由では話がまとまりません。

双方の提示した条件に根拠があればまだいいですが、そうでなかったら損害賠償そのものが言い値になってしまうので、一定の基準が示されている事はとても重要です。

〇交通事故での慰謝料の種類

1.自賠責保険による慰謝料基準

自賠責保険による慰謝料基準は、現在1日4200円となっていますが、実治療日数(実際に治療に通った日数)の2倍と総治療期間(治療にかかったトータルの日数)の少ない方を使います。

2.任意保険による慰謝料基準

自賠責保険、任意保険、弁護士基準それぞれ慰謝料の基準が同じわけではないので覚えておいてください。自賠責保険は死亡や後遺障害などなく、傷害だけなら120万円が支払い限度額になります。自賠責保険の支払い限度額を超えると任意保険の基準になります。

3.弁護士基準

慰藉料の基準が一番高くなるのが弁護士基準です。普通に考えると、弁護士が入っているので当たり前とも言えます。

〇物損事故の場合の慰謝料

交通事故で物を壊された(物損事故)場合の損害賠償は修理費、全損の場合にはその壊された物の時価による賠償が一般的です。壊されたものを治すのは当然で、「慰謝料を払え!」と言っても認められていないのが現状です。迷惑料を、お詫び料を支払えといっても最初に言ったように根拠が求められます。

交通事故での慰謝料の計算は分かりにくいものです。コストはかかりますが、一度専門家に相談することを検討してみましょう。また、交通事故に関してお困りの際は、是非多賀はりきゅう整骨院までお越しください。