みなさんは、交通事故に遭った経験はありますか?おそらく小さなものから大きなものまで含めるとなんらかの形ではいと答える方が多いのではないでしょうか?交通事故はだれがいつどこで巻き込まれるかわかりません。いざというときのために沢山の知識があると救われます。

症状固定という言葉をご存知ですか?

症状固定とは交通事故により障害をおった被害者が治療を継続したとしても今後症状が改善しない状態を言います。

もともと人体は障害を負っても、自己回復力があり治療を続けると、これと相まって期間の経過により症状が改善されます。しかしながら、一定の期間の経過以降は、これ以上症状が改善しない時期が訪れます。この症状固定を迎えた時点を、症状固定と言います。

症状固定の時期は、主として、治療費、休業損害、入通院交通費、入通院慰謝料など損害項目の計算の終期であり、他方、過失利益計算の始期となることから、交通事故における損害賠償処理の節目にあたります。

そもそも症状固定は、治療を継続しても症状が改善しない状態のことを指しますので、その性質上、極めて医学的要素が濃い概念です。したがって、医学の専門家である医師の判断により決定していきます。なかでも被害者を交通事故時から診察している主治医の判断が基本的には尊重されることになります。

しかしながら、訴訟における損害賠償額を決定するときには、事実に基づいて裁判官が判断することもありますが、これは医学的な判断ではなく、損害賠償額を決定する目的での法律的判断になります。

 

症状固定とは、治療を継続しても症状が改善しない状態を指しますので、症状固定以降に治療を行っても治療費を支出したということになり、症状固定以後の治療費は、基本的には損害として認められません。

ただし、症状固定以後の治療であっても、その内容、時期によっては、症状の悪化を防ぐために、治療費の支出を損害として認めることが相当であるといえる場合があります。

典型的な例としてはリハビリテーション費用です。寝たきりなどになってしまった場合には筋力のさらなる低下を防止するために症状固定後においてもリハビリテーションが行われます。

このような場合には、症状固定後の治療費というよりも将来治療費という別の損害項目で処理することになります。

事故の治療は痛くなくても必要です。お困りの方はご相談ください。