こんにちは!

佐賀県の基山町にある多賀はりきゅう整骨院です。

当院は交通事故の施術に特化した整骨院です!

さて、今回は交通事故に遭遇した場合にどういう流れで進めていったらいいのかご説明していきます。

意外にざっくり分かっていながら実際の場面に遭遇するとどうしていいのか分からないという声が多いです。

順をおって説明します。

まずは警察に連絡します。

 

交通事故に遭遇して警察を呼ぶ事は常識といっても過言ではないと思いますが、いざ当事者になってしまうと忘れてしまう事も多いです。

 

また軽い交通事故だと加害者の方から

『話し合いで解決しましょう』と話しを持ちかけられますが、警察を呼ばない事は被害者にとって不利益しかありませんので必ず呼んでください!

 

警察に連絡をしたら、次は現場の状況を記録する事です。

 

・主な場所は事故車の被害状況を写真に収める。

・事故現場の環境(交差点、信号、路面の状況)を写真やメモで記録に残します。

 

時間が経つにつれて細かい事を忘れてしまう事が多いので加害者が自分に有利な嘘をついた時に反論できる材料として残しておきましょう。

・事故が起きるまでの経緯

信号無視なのか一旦停止なのか、なぜ事故が起きたのか記録しましょう。

 

・目撃者の証言を記録

事故現場を目撃した人がいれば非常に有力になります。後々、損害賠償などを請求する際に証言してもらう事もありますので連絡先や住所も聞いておきましょう。

 

次に加害者の情報を記録しましょう。

・加害者の氏名、住所、連絡先

・加害車両の登録番号、所有者

加害車両が加害者本人とは限りません。その場合、損害賠償の請求は加害車両の所有者になりますので、所有者も確認しましょう。

 

・加害車両の保険内容等

加害車両の自賠責保険・任意保険の保険会社名、契約者名、契約番号を確認しましょう。

 

次にご自分の保険会社に連絡します。

事故発生の日時・場所・事故の概要を話していきます。これは後日でも構いません。

 

次に警察が到着してからの流れです。

 

交通事故の被害者であれば事情聴取の際に『被害者供述調書』というものを作られます。

 

被害者の方だから適当でいいかは後々の損害賠償請求に関係してきますのでしっかりと受け答えしましょう。

 

ここでの注意点は

・堂々と真実を話す

・証拠を出し尽くす

意外と事故直後は混乱する事が多いです。

落ち着いてしっかりと真実をはなすようにしましょう。

 

次回はこの続きからお伝えしていこうと思います。

交通事故の相談を多く受ける事があります。

すこしでも分からない事があればぜひご相談ください。

佐賀県の基山町の多賀はりきゅう整骨院でした!