みなさんは交通事故にあったことがありますか?交通事故はいつどこでだれが巻き込まれてしまうか誰にもわかりません。

軽い追突事故であったとしても、時間がたてば重い後遺症がでてくることもあります。

いまは痛みがない、いまはくつくない、という状態はなんの安心でもありません。

事故の保険を使って治療を受けれる期間も決まりがあります。治療を受けれるうちにしっかり治療を受けておきましょう。

なん年後に強い痛みがでたとしても、保険を使うことができず治療にお金と長い時間がかかります。

そうならないために、事故にあってしまったときの最低限の知識はもっているにこしたことはありません。

突然事故にあってしまって頭が真っ白になってしまったときまずみなさんはなにをしようと思うでしょうか?

ここから逃げ出したいという気持ちになる方もいらっしゃるかもしれないですし、頭が真っ白になってしまうかたもいらっしゃるでしょう、強い痛みに襲われてパニックになるかたもいるでしょう。

そんなときのために少しこのブログに目を通してみてください。

まず事故にあってしまったときには、必ず警察を呼んでください。事故の現場の実況見分が行われます。

警察がくるまで、現場はできるだけそのままの状態にしておく必要があります。

車の位置関係、道路のタイヤ痕、スリップ痕、事故現場の見通しはどうだったのかなど把握しておく可能なら写真に撮っておくといいでしょう。

そして、事故を目撃している人はとても重要です。事故の目撃者がいる場合は必ず、警察の実況見分に立ち会ってもらえるか頼んでみましょう。

利害関係のない目撃者の証言は警察にとって信頼が高く、客観的な目で状況を説明してもらえるので、より公正さを得ることができます。

交通事故にあうと、誰もが自分こそが被害者だと思い込みがちですが、自動車損害賠償責任保険では過失の大小に関わらず、ケガがあるかないかで被害者、加害者の区別をします。

双方にケガがある場合は、ともに被害者であり、加害者のでもあるということになります。

実況見分調書とは、人身事故の場合、警察が現場検証をおこない作成する書類です。

どのようにして事故がおこったのか、当事者双方も事情聴取が行われます。

自分の意見が冷静にきちんと言えるようにしましょう。

とにかく事故にあったときは冷静に心がけて、警察を呼びます。

他にもなにかお困りのことがありましたら、ご相談ください。