す⊃クルマの持ち主が必ず加入しなければならないのが自動車損害賠償責任保険と、各保険会社が販売していて加入するかどうかは自由な任意加入の自動車保険があります。

自動車損害賠償補償法に基づいて、あくまで人身事故の被害者を救済するために作られました。

被害者の最低限の補償を確保する保険です。

示談成立前の仮渡金などの制度もあります。強制保険なので、未加入で運転した場合には、一年以上の懲役または50万円以下の罰金に処せられることになります。

人身事故から物損事故まで、契約の内容に応じてさまざまな補償をします。

ほとんどの場合、示談交渉時点では、示談代行を行い、訴訟に至っては加害者の代理人として弁護士を選任し対応します。

交通事故で相手が死亡したり重い障害が残った場合など、多額の賠償責任が生じたときに、自賠責保険で賠償しきれない部分を補償することができます。

交通事故の損害賠償金は、次のようなじゅんをおって支払われます。

①自賠責保険から支払われる

②自賠責で不足する分を、任意保険から支払われる

③自賠責保険+任意保険でもカバーできない部分は、加害者の自己負担となる

保険金は、示談が成立して加害者が被害者に賠償金を支払った後、加害者が保険会社に請求するのが原則です。

しかし、示談交渉がまとまらずなかなか賠償金を受け取れない、ケガの治療費など支払いがかさんで困ると言った場合には被害者からの請求も認められています。

また、保険請求には時効があり、自賠責保険、任意保険ともに三年です。

加害者請求では被害者に賠償金を支払ったときからになります。

被害者請求では原則事故発生から、後遺症が残った時は症状が固定したとき、死亡事故では死亡時からからになります。

治療が長引いて請求が遅れる場合は、時効を中断させる手続きをとりましょう。

時効成立後は請求しても支払われないので注意して自分の症状と相談しましょう。

被害者に支払われる賠償金は、必ずしも全損害額とは、限りません。

被害者に過失があればその、割合に応じて減額されます。

任意保険では、過失割合が細かく設定され、保険金が減額されたり支払われなかったりすることも珍しくありません。

自賠責保険では、被害者休載を目的としているので、被害者の過失相殺や減額も制限されているのが特徴です。重大な過失があったときだけ一定の減額がなされます。

交通事故にいつ巻き込まれるかわかりません。基本的な知識は身につけておきましょう。そして、なにかお困りのことがあればご相談ください。