こんばんは!

佐賀県の基山町にある多賀はりきゅう整骨院です!

 

当院は交通事故の知識に特化した先生が在中しております。

 

お困りの事があれば電話相談のみでも受け付けておりますのでよろしくお願いいたします。

 

さて、今日のテーマは『休業損害』についてです。

 

みなさんの中には交通事故に遭われた事がある方もいらっしゃると思います。

 

交通事故の後『骨折』や怪我により仕事を休まないといけない状況になった方もいらっしゃると思います。

 

その時に心配される方もいらっしゃるのですが

 

『足を骨折して仕事ができない…家族もいるのにこれじゃお給料ももらえない…家族が養えない!!』

 

という状況をその時になると考えると思います。

 

ですがそこで安心して頂きたいのが『休業損害』の存在です。

 

ていれば得られたはずのお金を補償してくれるものです。

 

休業損害の金額は、自賠責保険か任意保険かによって異なります。

 

自賠責保険の日額は、基本的に『5700円×休業日数』

 

任意保険の場合、『交通事故の前3ヶ月のお給料の合計額÷90日×休業日数』または『交通事故の前1年間のお給料の合計÷365日×休業日数』で算出します。

 

それらの金額が1日5700円よりも高い場合に支払いが認められる事になります。

 

では主婦の方はどうでしょうか??

 

『主婦は会社員などではないから適用されない』

 

と答える方もいるとは思います。

 

ですが、違います!

 

主婦の方は『家事労働者』として評価されます。

 

専業主婦の方が足の骨折をしたら家事が難しくなります。

 

家事ができないという損害が発生しているので、サラリーマンの方が仕事を休んだのと同じように、休業損害が発生するとされています。

 

自賠責保険基準は1日5700円。

裁判所基準では『全女性の平均賃金÷365日×休業日数』で計算されます。

平均賃金は厚生労働省の『賃金センサス』という統計から算出されます。

ただし弁護士が入らない場合は、1日5700円で計算されることがほとんどです。

学生は基本的には休業損害は認められません。

 

ですが、アルバイトをしてたり交通事故が原因で留年や就職が遅れると『休業損害』を請求できます。

 

無職の場合でも交通事故の時に仕事が決まっていたが交通事故によって遅れたら休業損害を請求できます。

 

このように、自分には当てはらないように思う事も意外に休業損害を請求できたりします。

 

そこの線引が難しいと感じると思います。

 

その時は交通事故の知識を豊富にもっている先生が在中しておりますのでいつでもご相談ください!