佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。

多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院では怪我の早期回復、根本治療、リハビリに力を入れております。

日本の道路を運転する場合、道路交通法という法律に則ったうえで走行することが許可されています。

しかし、最近ニュースでも取り上げられているように、地域の特性によって「ご当地交通ルール」という各地方独特の交通事情・運転マナーも存在するようです。

これらの独自ルールやマナーには全国的に有名なものもありますが、その多くが道路交通法に違反するものです。

名古屋走り

「黄色まだまだ、赤勝負」

いわゆる信号無視です。一般的な道交法を守っているドライバーであれば、黄色は原則として止まり、赤では完全に止まるのが当然です。しかし名古屋では、黄信号はまるで躊躇わず青信号と同じように進み、赤信号でやっと多少気をつける、と危ない走りをすることがあります。

まだ名古屋に慣れていないドライバーが黄色で停止していると、それをわざわざ避けてまで交差点に突っ込むこともあり、気性の荒い人だと、きちんと道路交通法を守って止まったドライバーを怒鳴りつけることもあるそうです。

「速度超過・早曲がり」

とにかくせっかちな名古屋走りでは、片側3車線という道幅の広さもあってか、スピード超過が多くみられます。曲がるときも、青信号になった瞬間急発進、対向車よりも早く交差点を通過します。

「ウインカーなしで車線変更・車線またぎ」

通常、車線を変更する際は、後続車にわかりやすいよう、早めに出すのが交通ルールです。ところが名古屋走りでは、基本的にウインカーを出さない、あるいは車線変更の直前に出すことがあります。

ときには連続で車線変更したり、車線を跨いだまま走り続けたりと、危険な運転が見受けられます。車線を跨ぎながら走り続けるのは走行区分違反です。

松本走り

交差点などで対向車が左折するのとほぼ同時に右折したり、直進してくる対向車よりも先に右折したりする行為を「松本走り」と呼びます。こうした運転について、松本は城下町で道が狭く、右折レーンのない道も多いからではと考えられています。

山梨ルール

山梨県もまた、「右折優先」という県内独自ルールが作られた地域です。交通ルールでは「左折優先」であり、教習所でももちろんそのように習うのですが、山梨県では逆に、右折が優先です。そのため、右折する車は対向車がいるいないに関わらず、減速せず右折してきます。

速度超過もまた、山梨ルールの特徴です。山道などの一車線しかないところでは、法定速度を守って運転しているドライバーがいたら後ろからピッタリくっついて煽られることもあるそうです。

さらに、歩行者が横断歩道で待っていても止まらず走る車優先社会です。

伊予の早曲がり

愛媛県民は、全体的におっとり穏やかといわれていますが、ここにもルールがあります。

信号が赤の間に交差点に進入して右折するという、松本走り、山梨ルールと同じ行為が見られます。右折車と直進車の間で事故が起こりやすいため、非常に問題となっています。

「ご当地交通ルール」は、単に他の土地から来た人が分かりづらいだけでなく、非常に事故を引き起こしやすいものでもあります。

長年続いてきた習慣を変えるのは簡単なことではありませんが、道路交通法がある以上、日本全国どこにいても共通の交通ルールは必ず守りましょう。