事故発生から一定期間がすぎると、保険会社から治療の打ち切りを伝えられることがあります。

治療が長引くことによる慰謝料などの増加を保険会社が避けようとするからです。

打ち切りとは、保険会社が治療費を支払わないということであって治療を続けるかどうかは本人の自由です。言われたからといって治療を中止にしないようにしましょう。治療を続けるかどうかは本人の自由です。

まだ治療が必要できるかを判断できるのは医師です。必要であれば診断書をかいてもらい保険会社にも説明して治療の継続に合意してもらいましょう。

それでも強引に治療を打ち切られた場合は、健康保険をつかって自費で通院し、後日保険会社に請求する方法もありますが交渉しても支払われない事がほとんどです。

通院回数が少ないと治療うちきりの理由にされたりあとの慰謝料や休業補償などの賠償問題、後遺障害の認定にも大きく影響してきます。まずは治療、リハビリに専念し、通院実績をしっかり積み重ねておくことが大切です。

もし1ヶ月間全く通院していない期間があったとしたら、その間は治療が必要なかったと判断され、その後にまだ残る症状は事故との因果関係を否定されます。怪我の状態によっては、過度に通院する必要はありませんが、整骨院などで併せて痛みや痺れのフォローをしてもらうようにすれば、症状がしっかり存在することを示す証拠を残すことにもなります。

また交通事故の治療の際、医療機関が被害者にか変わって第三者行為による傷病届けを提出することはできないため、手続きをしない限り自由診療になってしまいますが、健康保険を使った場合と診察内容が変わることはありません。

 

整骨院、接骨院で、行われる柔道整復とは、骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲などにたいして骨、関節などの変化をみつけそれらを主義で正しい位置に矯正するための施術をいいます。

そのようなケガ以外の慢性的な痛みや急性、外傷性でないものは健康保険適用外になります。

なので、交通事故による外傷性のケガには健康保険を使うことができます。

ただし、骨折、脱臼は緊急の場合を除き医師の同意が必要です。

また、捻挫打撲も基本的に医療機関での治療と重複診療はできず、その場合は原則として整骨院での施術料は全額自己負担になります。

 

なにか交通事故に関してお困りのことや、疑問などあれば是非一度ご相談ください!