いざ事故にあってしまったときの治療院の選び方ななどについて今日はおはなししていきます。

交通事故にあった場合にあわせて、通院してる人も多くその理由としては、病院、整形外科だけだと次の診察までの時間があき痛みや不安感が増すことに加え、一日も早い社会復帰ができるように治療をうけたいということがあります。

それぞれに良い点良くない点みていきましょう。

病院や整形外科では保険会社に提出する診断書を書いたもらえます。診察までの時間が長く通院間隔が空いてしまいがちです。

処方箋だけの場合もあります。

整骨院は手技の詐術で細かいところまでみてもらえます。診察時間に幅があるので待ち時間少なく通院がしやすいです。

しっかり治るまでみてくれます。

診断書はかけません。

病院と整骨院の併用もできるので相談してみましょう。

 

病院を頻繁にかえるのは好ましくありません。診断書を書いてもらうための印象は大切で、後遺傷害が残った場合にはその印象で判断を左右されることもあります。また病院をかえすぎると治療経過がわからず診断が曖昧になる可能性もあります。

 

あまりにも違和感を感じたときには周囲の人などの病院がいいのか聞いてみましょう。

治療を続ければ改善の余地があるのに主治医から症状固定と判断された場合はできるだけ保留にしてもらい交通事故の相談機関を探して問い合わせましょう。

あるいはセカンドオピニオンをもとめることも検討してみましょう。

治療の継続で改善の余地があるのに症状固定にするのはおすすめできません。

急ぐことはありませんゆっくり治療していきましょう。

症状固定とはこれ以上治療しても改善が見込めないと医師が判断し治療をストップした状態です。

この判断をうけると残存する症状については後遺傷害として損害賠償の対象になり保険会社の示談交渉がはじまります。

そのタイミングで納得できるのかどうかは症状経過をみてきた医師とよく相談して決めることが大切です。

整骨院によっては保険会社についてのアドバイス」連絡をしてくれるところもあります。

当院にも交通事故専門アドバイザーが在住しておりますのでおきがるにご相談ください。

転院も可能です。不安なことはお一人で悩まれずにご相談下さいね!

事故の治療や手続きは初めてだと困ることばかりです。当日受付も可能ですので足を運んでみてください。