佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院のホームページを
ご覧頂きましてありがとうございます。

多賀はりきゅう整骨院では交通事故によるケガの治療、リハビリにも力を入れております。

交通事故による加害者の3つの法的責任

①刑事上の責任
②行政上の責任
③民事の責任(損害賠償責任)

交通事故の加害者が追う刑事的責任

過失により交通事故を起こし、人を死傷させると加害者は刑事責任を問われることになります。
被害者が傷害を負ったり、死亡した場合は、自動車運転過失致傷罪や致死罪、または、より悪質
な危険運転致傷罪や、致死罪が成立します。

警察から検察庁に送られた事故記録により、検察官が最終的な処分を決定します。

交通事故の加害者が追う行政上の責任

次に加害者は行政上の法的責任を問われる場合があり、行政処分と点数制度が適用されます。

(1)行政処分
公安委員会により人身事故の場合は、道路交通法によって運転者に違反点数が課せられ、
場合によって免許停止や免許取消などの処分を受けることになります。

(2)点数制度
運転者の過去3年間の交通違反や交通事故に対し所定の点数を付け、その合計点数が一定の基準に
達した場合に運転免許の停止や取り消しなどの処分をする制度です。
点数には、交通違反の際に付ける基礎点数と付加点数があります。ただし、過去3年以内でも、
その間に1年以上の無違反期間または無違反で過ごした停止期間があるときは、それ以前の違反点数
は累積計算されません。

加害者が追う民事責任

加害者は、被害者の損害を賠償する責任を負います。
この責任の根拠は、民法、自動車損害賠償保障法に基づきます。国家が与える行政罰や刑罰とは
異なり独立して問われる責任ですので、刑事責任或いは行政上の責任を果たしたからと言って
免責されるものではありません。

交通事故は、故意に起こるものではなく、偶発的に起こるものです。
また自分が気を付けていても、相手の不注意で起こることもあります。
まずは自分が交通事故を起こすリスクを減らすために、安全運転を心掛けて、時間にゆとりをもって
目的地に向かいましょう。

基山周辺の方はもとより、小郡市・筑紫野市・太宰府市・久留米市・三養基郡みやき町・鳥栖市などの
近郊で交通事故によるケガ・むちうちでお悩みの方は、多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院にお任せください。