佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院のホームページを
ご覧頂きましてありがとうございます。

多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院では交通事故によるケガの治療、リハビリにも力を入れております。

交通事故に遭った場合は必ず、精密検査を受けてください。

その理由は下記に述べます。

※事故直後の状態をカルテ(記録)に残しておくためです。

事故の後に病院へ行く目的は、事故によって起きた怪我(痛み)なのか?記録に残しておく
必要があるからです。
総合病院であれば整形外科や必要に応じて脳神経外科を受診することになります。

・レントゲン撮影をする

医療機関では必ずレントゲン撮影を行い、首(頚部)の骨に異常か無いかを確認します。
大抵の場合はレントゲン撮影で異常が見つかるケースは少ないようです。
頚椎に損傷(首の骨が折れている)などがあれば、通常は救急車で運ばれており症状や状態も重傷です。

・頭を打っていたらCTも撮影する

事故の際に頭を打っていたら必ず頭部も精密検査を受けるようにしましょう。
万が一何か傷害があれば命にかかわることもあり、直ぐに処置が必要になることもあります。
万が一のことを考えて撮影はしてもらいましょう。

【病院での治療の流れ】

病院では撮影した画像を見ながら異常がないことを確認します。
現在の症状を細かく医師に伝えてから、関節可動域(関節の動ける範囲)や筋肉の緊張を確認します。
症状を自覚し、「頚椎捻挫」や「むちうち」などの診断を下されます。
画像に残るような損傷は見られないが、筋肉に緊張が見られて、首を動かすと痛い点などから
総合的に判断します。
その後、首に頚椎カラー(固定)を巻き、痛み止めや湿布などの薬を処方されて初日の治療は終りです。
初日の診察ですべきことは、重篤な状態がないか検査を受けて確認することです。

次回以降の通院は医師の判断によりますが、数日間の安静を指示されることが多いと感じます。
医師より出た指示があれば、指示通りに行うことが重要です。

結論として、事故に遭った際は重篤な状態がないか明確にしておくことが重要だということと、画像診断を受け
異常が無ければ、安心して「むちうち」の治療に専念することができるということです。

 

レントゲンで異常がなくても痛みが出ることはあります。
痛みの原因は筋肉や神経の影響です。

筋肉や神経はレントゲンに映りません。

当院では、手技療法、骨格矯正、鍼灸治療、ハイボルト(複合型高周波)を用い
患者様の主訴へアプローチすることによって痛みを取り除きます。

多賀はりきゅう整骨院には施術スタッフが全て柔道整復師や鍼灸師といった国家資格者で
交通事故の怪我に対応できるスタッフが多数在籍しています。

自賠責保険についてのお悩みや施術内容の相談も可能ですのでお気軽にご連絡ください。(無料相談)
これぐらいの痛みなら何とかなりそうと安易に考えず、まずは受診してください。

基山周辺の方はもとより、鳥栖市・みやき町・久留米市・小郡市・筑紫野市・太宰府市などの
近郊で交通事故による怪我・むち打ちでお悩みの方は、多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院にお任せください。