佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院のホームページを
ご覧頂きましてありがとうございます。

多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院では交通事故によるケガの治療、リハビリにも力を入れております。

交通事故に遭ったら場合、まずどうすればいいのでしょうか?

当院で多くお問い合わせがある質問の一つです。
初めての交通事故であればなおさらパニックになってしまうこともあります。

交通事故にあった直後は、「多くの証拠を残しておくこと」できるかぎりのことをしておきましょう。

①警察へ連絡(※小さな事故でもその場で示談書を書くことは望ましくありません)

これは交通事故に遭ったという証明「交通事故証明書」を取得するために必要です。
またその場で現場検証(事故の検証)を行いますので、相手側も同時に受けます。
またこの時にご自身の言い分を主張できる場でもありますから、しっかりとご自身の意見を
伝えてください。
どうしても用事や仕事で受けれない場合は後日実況見分を行ってもらいますが、その時に受けたほうが
事故の状況をはっきりと両者が覚えていますので、そのまま事故処理を行うほうが望ましいでしょう。

②加害者(相手側)の情報を取得

・自動車のナンバー

陸運局で加害者車両の自動車登録事項証明書(車検証)を取得することができます。
※通常、被害者の方が必要になることはありませんが、情報を取得できるということになります。

・名刺

勤務先の情報を入手することができます。

・運転免許証

加害者(相手側)の氏名と住所の情報が取得できます。

・加害者の保険会社名

交通事故に遭った場合の補償は保険会社が通常行います。(そのための保険)

・加害者の事故直後の言い分を録音(※最近は携帯電話の機能によっては備え付けています)

事故直後は両者が興奮状態にありますから、その時の思い違いで主張してくることがありますが、
警察と現場検証を行っている際に思い出すことあります。
また加害者が最初にどう言っていたかが重要な証拠になる場合があります。

③現場の情報を証拠にしておいてください。

現場の状況や破損した自動車の写真などできるだけ多くの証拠を撮影しましょう。

携帯電話のカメラでも構いません。
自動車が破損した損害について争いになったとき、必要なことがあります。
事故の状況をできるかぎり記録しておきましょう。

その他には保険対応を円滑に進めるためにご自身が加入している任意保険会社への連絡して
おきましょう。

上記の内容を踏まえて行動しておけば必要な情報の取得や対応としては問題ありません。

もし事故直後で痛みや違和感があった場合や時間が経ってから症状を自覚した場合は、我慢せずに
当院へお問い合わせください(相談無料)

レントゲンで異常がなくても痛みが出ることはあります。
痛みの原因は筋肉や神経の影響です。

筋肉や神経はレントゲンに映りません。

当院では、手技療法、骨格矯正、鍼灸治療、ハイボルト(複合型高周波)を用い
患者様の主訴へアプローチすることによって痛みを取り除きます。

多賀はりきゅう整骨院には施術スタッフが全て柔道整復師や鍼灸師といった国家資格者で
交通事故の怪我に対応できるスタッフが多数在籍しています。

自賠責保険についてのお悩みや施術内容の相談も可能ですのでお気軽にご連絡ください。(無料相談)
これぐらいの痛みなら何とかなりそうと安易に考えず、まずは受診してください。

基山周辺の方はもとより、鳥栖市・みやき町・久留米市・小郡市・筑紫野市・太宰府市などの
近郊で交通事故による怪我・むち打ちでお悩みの方は、多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院にお任せください。