佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院のホームページを
ご覧頂きましてありがとうございます。

多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院では交通事故によるケガの治療、リハビリにも力を入れております。

交通事故によりむちうち(むち打ち)となり、その後、耳鳴りの症状に悩まされる場合があります。

むちうち(むち打ち)の原因は、事故の衝撃によって頭が急激に振られ、頭を支える首の筋肉や関節が
損傷して痛む場合がほとんどの理由として考えられます。
ムチウチは「頸椎捻挫」とも呼ばれ、基本的には「首の捻挫」として考えることが通常です。
この捻挫は足首の捻挫と同じで、スポーツ中に足首を捻り、その時は痛まなくても、時間が経って
夜中や翌日に痛みが強くなったり、数日して痛み出したという経験をされた方もいると思います。
むちうちでも同様に、受傷直後に必ず痛みが発生するわけではなく、数日経って痛み出す場合も
少なくありません。

その理由に炎症のメカニズムが関係するためお伝えします。

例えば筋肉を損傷すると布切れをハサミで切った時の様に、細かな繊維が下にパラパラと落ちます。
それと同じように、細かな組織が体内に散らばり体内のゴミとなります。
ゴミはそのまま放っておくと体内にそのまま溜まるので、身体はそれを掃除しようとします。
掃除係は主に白血球が行います。
身体の働きによって白血球を怪我をしたところに集めて掃除を開始します。

これが炎症反応の始まりです。

体内で炎症が起こると、患部が赤くなる発赤が起こります。(血管が広がる)。
細胞からヒスタミンやブラジキニンが分泌され、これにより静脈や毛細血管の血管内皮細胞が収縮し、
細胞間隙が開きます。(疼痛)
その隙間に浸出液が損傷部位に漏れ広がるために患部が腫れます(腫脹)。

痛みが出ているということは身体が治ろうとする一つのサインでもあります。

無理やり痛み止めで痛みを押さえなくても、適切な治療を行うことで痛みは軽減されますし、
適切な治療ができなければ痛みは残るということになります。

筋肉や神経はレントゲンに映りません。

当院では、手技療法、骨格矯正、鍼灸治療、ハイボルト(複合型高周波)を用い
患者様の主訴へアプローチすることによって痛みを取り除きます。

多賀はりきゅう整骨院には施術スタッフが全て柔道整復師や鍼灸師といった国家資格者で
交通事故の怪我に対応できるスタッフが多数在籍しています。

自賠責保険についてのお悩みや施術内容の相談も可能ですのでお気軽にご連絡ください。(無料相談)
これぐらいの痛みなら何とかなりそうと安易に考えず、まずは受診してください。

基山周辺の方はもとより、鳥栖市・みやき町・久留米市・小郡市・筑紫野市・太宰府市などの
近郊で交通事故による怪我・むち打ちでお悩みの方は、多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院にお任せください。