むち打ち症は交通事故による怪我で一番多い怪我です。

交通事故による怪我は一時的に症状が強く患者様は心配されますが、初期にしっかりと治療を受けることで症状は改善され完治いたします。

最も重要なのは治療を最後まで受けることです。

W様 50代 女性(過失割合7:3)

事故状況 → 交差点で右折中に対向車が減速した為発進したところ左側方に追突され負傷

症状 →

対向車(被害者)は減速しましたが、左側方からの追突で車の損傷も大きかったようです。
事故直後に左首から左肩に痛みを自覚しており、翌日保険会社から連絡が入り治療開始です。
当日も夕方から明け方にかけて徐々に痛みが強くなっていき、翌日の受診時に検査をしたところ頚部の動きが正常値から比べると半分以下の40%の動きしか出ておりませんでした。
側方からの追突で首が左右に振られて頚部の関節捻挫と筋肉を伸ばされた際に筋繊維が切れ筋挫傷起こしたと考えられます。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院を何故知っていたのかのアンケートには、知人の紹介を受けホームページで検索したとありました。

受傷後2日目、当院にて問診、触診、検査を行うと、頚部の自発痛、運動痛(左右に頭を倒す側屈の動きに痛みを伴った運動制限が出ていました)が顕著でした。また後頭部に痛みを自覚しており、これも交通事故からの影響で頭痛を自覚していると説明させていただきました。

患部に炎症が強かった為、最初の1週間は安静指示とアイシング指導、入浴指導をさせていただきました。

念のため近隣の外科へ検査に行っていただきましたが、幸いレントゲン上でも大きな問題は確認できませんでした。

患者様の症状は、左首と左肩から痛みが主でした。
首の動きは正常値より60%ほど動かせない状態でした。

 

傷病名 → 【頚部捻挫】

初期指導 → 安静指導、入浴指導、アイシング指導を行いました。

治療法 → 低週波治療、手技療法、ハイボルト療法、アイシング療法、頚椎矯正。

治療1週目 → 初期に出ていた炎症反応は完全に消失。首と左肩の痛みは軽減するも残存。

治療4週目 → 首、左肩部位の痛みは軽減してきましたが、頚部の可動域制限は残存しデスクワークに支障をきたす状態です。頭痛も落ち着いてきましたがまだ自覚する状態です。

中期指導 → 軽度運動指導、ストレッチ指導(首の可動域制限に対しての対処法)

治療2ヶ月 → 首、左肩部の自発痛、運動痛は安定してきました。頭痛もほとんど自覚しなくなり、患者様の自覚症状も可動域低下と深部の張りを自覚しますが全体的に良好です。

治療3ヶ月 → 可動域制限と深部の張りも消失し3ヶ月の期間で治療を終了することが出来ました。

※今回は特に早期に治療スタートを出来た事と患者様ご本人も治療に対して積極的に取り組んで頂いた結果、早期改善に繋がりました。

患者様のお声 → 『初めての時に熱心に細かく説明していただいたので、本当に安心して通院することが出来ました。また保険会社から送られてくる資料の書き方も教えていただいたのでスムーズに対応できました。本当に有難うございました。』
と喜びのお声を頂きました。

交通事故治療は後遺症リスク軽減の為に受傷後出来る限り早期に治療開始することが重要です。

むちうち症などの症状でお困りの方はお気軽に三養基銀基山町の多賀鍼灸整骨院にご相談ください。

筋肉や神経はレントゲンに映りません。

当院では、手技療法、骨格矯正、鍼灸治療、ハイボルト(複合型高周波)を用い

患者様の主訴へアプローチすることによって痛みを取り除きます。

多賀はりきゅう整骨院には施術スタッフが全て柔道整復師や鍼灸師といった国家資格者で
交通事故の怪我に対応できるスタッフが多数在籍しています。

自賠責保険についてのお悩みや施術内容の相談も可能ですのでお気軽にご連絡ください。(無料相談)
これぐらいの痛みなら何とかなりそうと安易に考えず、まずは受診してください。

基山周辺の方はもとより、鳥栖市・みやき町・久留米市・小郡市・筑紫野市・太宰府市などの
近郊で交通事故による怪我・むち打ちでお悩みの方は、多賀鍼灸(はりきゅう)整骨院にお任せください。