レントゲンでは映らない痛みや怪我、違和感の原因を見つけ出し痛みと向き合いながら佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では治療を進めていきます。

交通事故の怪我はご自身で、痛み、違和感、頭痛や吐き気、手足の痺れ(しびれ)など、むちうち症から出ている症状を感じているのに、 レントゲン を映した結果「骨に異常はありません」 「安静にしましょう」 「ひとまず様子みてましょう」等でしっかりとした治療を受けれずにお困りの方がいます。

実際に佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院でもそういった患者様からご相談もあります。

患者様は症状を取って欲しいけどレントゲンに映らないことによって、湿布やホットパック(温熱)などありきたりの治療を受けるケースが多いです。

むちうち症の多くはレントゲンに異常が出ないことが多いと思います。

なぜならレントゲンは、骨の異常がないか検査するものです。

そのため筋肉や靭帯、神経や血管等の異常は映りません。

またレントゲン上で異常が見つかるケースは例えば、骨折や脱臼や骨の位置異常などです。

レントゲンに異常がないことが怪我をしていないというわけではありませんので交通事故に遭いその後に症状や違和感が出てきた場合はまずは早めにお身体の診せてください。

ムチウチ症の発生機序は、主に車での追突事故の際に起こります。

その中でも後方から追突時が最も多く、追突時の衝撃により頭が前後または左右に振られて首に強い衝撃を受けた際に発症します。

この際に首の筋肉が過度な伸展と過度な屈曲を強いられて首の関節や筋肉、靭帯や軟部組織を痛めてしまいます。

病院や整形外科では低周波や干渉波といった物理療法(電気)や牽引治療に加えて痛み止めの薬や湿布薬の処方が一般的だと思います。

もちろんがこれらがダメというわけではありません。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、上記の治療やそれ以外でその患者様にとって必要な治療を当院独自の治療方法で症状改善までの道筋を立てていきます。

いま通院している整骨院や整形外科や病院で受けている治療であまり効果を感じない方。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へ一度ご相談ください。

交通事故による怪我は受傷直後より日がたつにつれて痛みが大きくなっていく傾向があります。

痛み以外に不調として

気分がすぐれない、だるさを感じる、食欲が落ちたなど様々な症状が出てきます。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では佐賀県鳥栖市や福岡県小郡市からも多くの患者様がご通院いただいております。

当院で重要なことは問診時に患者様がどういった症状でその症状をお体の状態を最終的にどういう風になりたいかをしっかりと聞くことです。

それらを再確認しながら、患者様の症状を出来る限り早く取れるように治療を進めてまいります。

よく伺うようにしています。 そこから症状の改善のために 段階に応じた施術をしております。

当院が患者様に選ばれる理由はいくつかあると思いますが、
患者様のお声でよく聞くことは、問診時の詳しい説明です。

レントゲンに映らなくても怪我をしていることは多々あります。

そのまま放置することによって、後遺症になることもあります。

そうなる前に佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へ受診して下さい。