交通事故は天候によって発生リスクが変わってきます。晴れた日よりも雨の日は事故率も増加します。

雨天時の車の運転で気をつけたい注意点

①ハイドロプレーニング現象

一番注意が必要です。

主に高速道路を走行中に水の溜まった路面を走行中に、タイヤと路面の間に水が入り込み、車が水の上を滑るようになりハンドルやブレーキが利かなくなる現象。 (水膜現象やハアクアプレーニング現象とも言う)

事前に車をチェックして、タイヤの溝が減りすぎていないか、タイヤの空気圧が正常に入っているかしっかりとチェックして下さい。

ご自身でチェックしなくても、ガゾリンスタンドでガソリンを給油する際にお店の方にチェックしてもらうことがお金もかかりませんし、最善の方法と言えます。

 

②窓ガラス

前方や後方の窓ガラスが水滴によって視界が悪くなります。また天候や湿度によって窓ガラスのくもりを生じていまうこともありますので注意が必要です。
雨や水滴による視界の悪さに加えて窓ガラスのくもりで状況は悪化します。
窓ガラスのくもりは車のエアコンを入れることによって解消できますので、くもりはじめたらエアコンを付けてくもりを早めに取って下さい。

※窓ガラスは撥水剤を塗ることで視界がクリアになります。

③視界

雨の日は運転中の視界が悪くなります。 雨による視界力の低下や雨の水滴が窓ガラスに付着することが原因です。
水滴はワイパーで除去することはできますが、ワイパーによる視界力低下は免れません。

雨の日の夕方から以降は周囲が暗くなるも早く、濡れた路面に車のヘッドライトの光が反射すると白線が見えにくかったり、視界が悪くなり周囲の状況が判断しにくくなります。

④制動距離

雨の日は路面とタイヤの接触した時の摩擦力が低下するので、ブレーキを踏んでも止まる距離(制動距離)が晴天時に比べると長くなります。(晴天時はブレーキを踏んで5mで止まるとした時に雨天時は8mかかったりします)

また摩擦力の低下によってタイヤがスリップしてしまうこともあります。最近車ではABS(アンチロック・ブレーキ・システム)が付いていることも多く、以前に比べるスリップは起こりにくくなっています。

 

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、交通事故による怪我でご通院される方が多いです。
当院は佐賀県(鳥栖市)と福岡県(小郡市、筑紫野市)県境・市境にありますので、近郊の方から遠方の方まで様々な地域の方がご来院されます。

交通事故に遭った際の注意点は、早期に適切な治療を受けることです。

雨天時に限らずですが、晴天、霧、雪など日本は四季があるため季節によって注意することがあります。
速度超過は交通事故の発生リスクを高めてしまうので厳禁です。
路面状況や視界が悪い場合には、普段よりも控えめな速度と十分な車間距離の確保が何よりも 大事であることを覚えておいてください。