いつどこで起こるかわからない交通事故ですが、交通事故によって負傷者が出た場合には、その負傷者を最優先で救護することが義務付けられいます。

これを違反する代表的な例が轢き逃げです。(轢き逃げは救護義務違反として扱われる)

交通事故に遭いまたは起こした際は負傷者がいないか確認する必要があることを憶えておいてください。

全ての方が医学的な知識をお持ちでないことはわかりますが、ご自身で行える対応が目の前にいる負傷者の重篤な状態から救えるかもしれないということを理解していただきたいです。

対応といっても実際に体を触るという処置をするのではなく、いち早く救急車を呼ぶこともそうですし、後続車に轢かれる恐れがある場合で動かせる状態であれば安全な場所へ移動させることも考える必要があります。

※怪我をしている場合で無理に動かさないほうがいいこともありますので、状況判断にはなりますが動かせないのであれば、誘導をするなり、発煙筒を焚くなり安全策を考えてください。

もし交通事故による負傷者を確認した場合は、負傷者の意識があるか耳元で声をかけてください。
それでも反応がない場合は肩を軽く叩きながら声をかけてください。

これを意識の有無の確認といいます。

意識がない場合は重篤な怪我を起こしている可能性もありますので、119で救急車を呼んでください。

周りに人がいる場合は助けをお願いしたほうが望ましいでしょう。

また現場にご自身のみの場合は、すぐに警察へ連絡して負傷者がいることを伝えてください。
警察と救急は連動していますので一本の電話で要請してくれます。

また先程も伝えましたが、負傷者の安全確保が必要です。

バイクや自転車、歩行者の交通事故現場では、負傷者がそのまま車道に横たわっていることも考えられます。

そのまま放置することで、二次的な交通事故を引き起こす可能性がありますので、負傷者を動かせる状態であれば安全なところ移動する、事故車両が通行を妨げているのであれば、現場証拠として携帯で写真を取り動かすほうがいいでしょう。

負傷者も事故車両も無理に動かす必要はありませんが、安全を考慮して移動の選択もあるということを覚えておいてください。

ご自身で動けるような負傷者でも時間が経ち症状が強くなることもありますので、事故直後に痛みがなくても安易に考えずに違和感を感じたら早めに佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へ受診してください。

交通事故によるお怪我はすぐに治るものばかりではなく、時間が必要とする場合もあります。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、交通事故による怪我に対応した治療機器や治療法ががありますので、早期回復を目指すことができます。

当院は佐賀県(鳥栖市、三養基郡)と福岡県(筑紫野市、小郡市)の県境・市境にありますので、県外の方も多くご通院いただいております。

交通事故よる怪我でお悩みの方は、佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へご相談ください(相談無料)

最後になりますが、交通事故は本当に怖いものです。

人の命が失われることもありますので、事前に予備知識をいれることもいいでしょう。

消防署で救命講習・一般救急講習を学ぶことができます。

119番で通報をしてから、救急車が到着するまでの所要時間は全国平均で約8分です。
この8分の間に、私たちがやるべき事を学べる講習です。

心臓や呼吸が止まった人に対する処置(心肺蘇生法)と AED(自動体外式除細動器)の取扱を中心とし、日常生活で起こりえる火傷・骨折・窒息・出血などに対して の処置も学べるようです。