交通事故は気をつけていても突然起こることもあります。

慣れないことでなにをしていいのか慌ててしまうこともあります。
念のため交通事故に遭ってしまった場合は次のような対応が必要になります。

①【110番に事故連絡】

最近は便利なもので携帯が普及しており、多くの方が持っています。
交通事故に遭った場合は、できるだけ事故現場を動かすこと無く、落ち着いて警察に電話しましょう。

事故車両を放置することで通行の妨げになる場合は、後ろや車両の安全を確認して速やかに路肩にもしくは安全な場所に移動してください。

※車両を移動する際は、事故現場を携帯のカメラで撮影しておくことをおすすめします。
※また近年は、ドライブレコーダーを装備している車両も増えてきたため、装備している車両では警察が到着するまでに準備しておくのもいいでしょう。

どんなに忙しくても警察への届け出は絶対に行ってください。

※その場で示談を迫られるようなことがあっても、絶対に示談はしないでください。

②情報収集

交通事故で自身の主張が通らない場合は、目撃者から証言してもらうなど、自身を守るために色んな情報を集める必要があります。

当然ですが相手側の情報も集めておくことが望ましでしょう。
この際に、一方的に聞くのではなく自身の情報も相手に伝える必要があります。

・氏名
・住所
・連絡先
・保険の有効期限

は最低限として集めてください。

③不調を感じたら当院へ受診

交通事故による怪我は時間が経過してから痛みを自覚することが多くあります。
すぐに症状出ないからと言って事故の関連がないとは言い難いです。

不調を感じたら早めに受診して、後遺症リスクを軽減しましょう。

④治療開始

事故の状況確認やお体の状態・症状を詳しく検査して患者様に必要な治療を選択していきます。
最初に今後の治療計画や治療終了の目処をお伝えしながら、効率的に治療を進めていきながら後遺症リスクを軽減します。当院は骨痛事故治療の専門家です。お気軽にご相談ください。

⑤示談

治療が終了したら、後は示談を残すのみです。
後遺症が残らなかった場合はこの後もスムーズに事が進みます。

後遺症が残りそうな懸念があった場合は、事前に定期的な病院などの併用通院を行っていただくこともあります。

交通事故は怖いものです。
突然の事故で一生後遺症を引きずる恐れもあります。

まずは適切な治療を受けることで後遺症リスクを軽減できますので早めに佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へお越し下さい。