毎年大晦日から年明け1月中旬ぐらいまでは当院の前の国道3号線は混み合うことになりますが、その一つの理由として太宰府天満宮への参拝です。

上り車線では筑紫野市の大佐野交差点から先がひどく渋滞するのも風物詩の一つのような感じがします。

私も毎年太宰府天満宮に初詣に行きますが、渋滞がおさまった1月下旬にかけて行きます。

太宰府天満宮への参拝が悪いというわけではなく、人が集まるところにはどうしても車の渋滞が起こります。

車が渋滞することで、当然交通事故の発生率も上昇しますので注意が必要です。

交通事故に遭ってしまった場合のむちうち治療は安心の経験豊富な佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へお任せください。

当院の治療は交通事故に遭われた患者様のお身体の状態を細かく検査していくところから始まります。
ただ痛みだけを取り除くだけではなく、痛みを起こしている患部や原因を見極めることを大事にしています。

痛みを取り除く治療と言っても患者様の状態や状況によっても異なるためひとりひとりに合わせた施術が必要となります。

交通事故による怪我は日常生活の中で起こる怪我とは違い衝撃や怪我の度合いが重いことが多いため、最初の検査と治療開始の時期がとても重要になってきます。

事故治療の開始時期が遅くなることで、後遺症リスクを上げるだけではなく、怪我を悪化させたり治るまでの期間が長くなってしまうこともあります。

初期には安静やアイシングといった急性症状に対しての治療が必要ですし、その時期を過ぎた後は温めたり、筋肉を動かしたりするリハビリテーションが重要になってきます。

リハビリテーションも整骨院や整形外科、病院などの医療機関でその院によって手法や治療方針が異なってきますので、患者様に合わせた治療で患者様が納得できる治療を受けることも重要な要素と言えます。

当院では、他の院からの転院も受け入れていますので、現在受けている治療に納得出来ない場合はお気軽にご相談ください。

交通事故による怪我の多くは3ヶ月ほどで完治していますが、事故状況や患者様の状態はひとりひとり異なるため必ず断言できるものではありません。
Aさんの場合は、1ヶ月で完治する場合もありますし、
Bさんの場合は、1年かかる場合もあります。

交通事故による怪我はそれぐらい重いものでもあるため、できることなら事故に合わないように願うものでもあります。

太宰府天満宮には交通安全祈願のお守りや御札もありますので、お願いするのも良いかもしれませんね。