整形外科や病院と整骨院の違いを患者様から聞かれることが多いのです。
簡単にご説明します。

病院や整形外科では「医師」による治療です。
整骨院では「柔道整復師」による施術です。

整形外科や病院では、薬の投薬やレントゲン検査。MRI検査を受けることができます。
医師による「診断」も受けることができます。
交通事故の初期にはお体の症状が、すべて表面に出てきているわけではなくて、徐々に症状を自覚するようになっています。
その際に、初期段階にしか出ない症状や状態があるため、病院や整形外科で検査を受ける場合も整骨院で検査を受ける場合も、できるだけ早く初期の状態をみせていただくかでその後の治療計画や治療が終わる、いわゆる「完治」までの道のりに大きな差が生じますので、我慢なさらずにまずはみせてください。

また整骨院も整形外科も病院も、自賠責保険の対応ができるため患者様の治療にかかる際の費用は一切かかりません。
安心して治療を進めていくことができますので何でも遠慮なさらずに伝えてください。

レントゲン検査やMRI検査に必ずしも痛みの原因が写り込むわけではありません。
病院や整形外科で「異常はありません」と言われた場合は、関節の怪我(捻挫)や筋肉の怪我(肉ばなれ)を起こしている可能性が高いです。
しびれや感覚の異常や動かせないなどの運動障害を感じた場合は、神経の損傷を起こしている場合もあります。

交通事故による怪我は、一言でまとめるわけにはなかなか難しい問題があります。
その一つの理由として、事故の状況が必ず別々ということです。
車種やスピード、事故に遭った際のぶつけられた角度や高さ、個人の体力差や筋力差…などまだまだありますが、それぐらい色んな要素や可能性を考えた上で治療内容の決定や治療を受ける間隔を決めていく必要があります。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、交通事故による怪我の回復を早めるために患者様に積極的に治療への参加を推奨しています。

ただ通院するだけではなくて、患者様がご自身の状態を認識して上で、患者様が受けている治療の意味を理解していただきます。

交通事故による怪我は放っておくと、痛みがいつまでも引かずに何年も何十年も辛い症状とともに生活しないといけなくなっることもあります。

痛みやしびれなど辛い症状を後遺症として残さないように治療を進めていきましょう。