交通事故による怪我での怪我は、自賠責保険適応の場合や人身傷害保険を適応の場合は、患者様の窓口負担はありませんので、安心してご通院いただけます。

交通事故による怪我は回復するまでに(完治)ある一定期間は出来るだけ治療を続けて行なうことが重要です。

病院や整形外科、他の整骨院からの転院も可能ですのでお気軽にご相談ください。

本日は患者様からよく質問される診断書の件についてお話します。

交通事故に遭った際に怪我を起こした場合は治療を受けるのですが、事故時の状態では警察の事故処理としては物損事故の扱いとなっていることが多いです。

そこで治療を受ける際に人身事故に切り替える必要があります。

その切り替えの際に、診断書が必要となってきます。

この診断書には「〇〇日間の加療を要する」と記入されていますが、患者様から「この期間しか治療ができないのですか?」と聞かれることがあります。

答えは、

【その期間で治療を終える必要はありません】

もう少し正確な言い方をすると、【この期間で治るという保証があるわけではありません】

そのため、交通事故による怪我だけではなく、日常生活での怪我も同様に言えることになります。

事故による怪我には代表的な例として、むちうち症が挙げられますが、完治までに治療期間が必要とされるものだと思っていてください。その理由として挙げられるのは、怪我を起こした時の衝撃の強さです。

事故に遭われた時に、後方から車へ不意に追突をされた際の衝撃や側方からの衝撃、自転車やバイク、歩行者での直接的な衝撃や打撃による身体へ加わる外力は日常生活上での怪我に比べると大きな損傷を伴っています。

損傷度が大きければ、その分怪我を修復するまでの期間も当然長くなってしまうのが一番の理由です。

また気をつけていただきたいのが、治療開始時期です。

むちうち症に対してのむちうち治療は早期に始めることで症状を抑えることができますので、少しの違和感や少しの痛みを我慢せずに一日でも早く治療開を始しましょう。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、交通事故による怪我で治療を終えた患者様から多くの喜びの声を頂いたおります。今回のブログのタイトルでもあるように、そういった喜びの声をいただいた患者様の家族や友人、知人へお話されご紹介による通院理由が圧倒的に多いです。

交通事故はできることなら遭いたくありませんが、起こしてしまったり・もらってしまった後は初期の適切な対応が必要とされますので、お気軽にご相談ください。