交通事故によって怪我を起こして痛みや違和感を自覚している患者様へお伝えします。

当院では、患者様の症状緩和、怪我の早期回復を目指して治療に取り組んでおりますので、痛みでお困りの方は当院へご相談ください。
また治療に関わるご質問だけに限らず、交通事故にまつわる不安や問題も出来る限り解決できるように院全体でサポートしていきますのでお気軽にお問い合わせください。

交通事故による怪我は初期対応をしっかりと行なうことで、後遺症リスクを軽減できますので積極的に治療に参加してください。

【当院での交通事故治療の方針】

①患者様の状態を詳しく検査を行なう

患者様のお怪我の状態や症状はひとりひとり異なってきます。そのためその患者様がどの部分に怪我を起こし、どこに負担をかけているか細かくチェックしていく必要があります。

ひとりとして同じ状態はありません。患者様に合わせた治療が必要になってきます。

②患者様に必要な治療を取り入れます

患者様に合った治療を提供できるように心がけております。
お身体の状態の変化に柔軟に対応できるように、交通事故治療のメニューを細分化しています。

③心身ともに健康にを第一に考えています

交通事故による怪我を治すことは重要な課題ですが、患者様が安心して治療に通院できる環境を整えるのも当院の役目と思っています。

保険会社担当者との対応や面倒な手続き・書類の記入例など患者様が不慣れな部分をわたしどもの知識で安心して通えるようにサポートしたします。
不安が解消されれば、怪我を治すことに専念できるよになりますので早期回復を目指して進んでいくだけです。

④後遺症ゼロを目標にしています

後遺症を残していしまう一番の要因は、間違った初期対応と思っています。
もちろん怪我の度合いが重ければ、後遺症リスクは上がってきますが、初期に適切な治療を積極的に行なうことで症状緩和を行えます。

⑤早期回復を目指しています

交通事故による保険対応は痛みがある間ずっと続くわけではなく、ある一定の時期を超えると保険対応ができなくなってしまいます。
保険対応として認められている期間で治療を終了できるように早期回復を目指していきます。

※保険会社の担当者から「交通事故での治療は3ヶ月しか認められていません」と言われるケースがありますが、事故の度合いや症状によって治療期間は必ずしも3ヶ月と決まっているわけではありません。
しかし軽微な事故や治療の間隔が空きすぎている場合など、治療の必要性が問われるケースでは一方的に治療の打ち切りを言い渡されてしますこともありますので、痛みを自覚している場合や治療が必要な場合で先生から指示された通院日に計画通り通うことで、それらは解消されます。