交通事故による怪我で後遺症を残してしまうことがありますが、その中でも首の痛みが最も多いのですが、頭痛やめまいでお悩みの方も大変多いです。

めまいや頭痛の原因は、頚椎の問題からくる場合や首や肩周辺の筋肉や神経・血管の要素からくる場合、または自律神経の影響によって起こる場合と色んな要素が含まれていますので、簡単に判断できるものばかりではありません。

一番理想的なのは、【後遺症を残さない】ことですが、交通事故治療を行なう上で治療院の選択や通院時の間隔によって【後遺症が残りやすくなってしまいます】

では、交通事故によって怪我を起こしてい待った場合はどうすればいいのか?

よく聞かれる質問ですが、答えは【交通事故治療に特化した整骨院で治療を受けることです】

具体的なお話をすると、【後遺症を残してしまった後から後遺症治療を受ける】ことと【後遺症を残さないように治療を受ける】ことでは当然ながら時間や期間も変わってきます。
また後遺症治療を受ける際に一番問題なのが、【治療費の問題】です。

自賠責保険(任意保険も含む)が適応している段階では、原則患者様の治療費の自己負担金はありませんが、症状を残してしまい【症状固定】となった場合は【後遺症認定】を目指す形となりますので、治療費については自賠責保険の補償が無くなります。

仮に後遺症として認められた後でも一部、損害として認められ【後遺症認定による慰謝料】で治療費を賄う形となりますので、後遺症を残さないように治療を進めていくことが重要となります。

計画的に治療を進めていくことで【治療終了時期と完治が同じ時期】となります。

 

交通事故による怪我を得意とする佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、まず患者様のお身体の状態をしっかりと診ていきます。その上で必要な治療の選択や治療の期間等の治療計画を患者様ひとりひとりに合わせた形で作成していきます。

ムチウチ治療はただマッサージを受けるだけでは、根本が改善せずに痛みが残ってしまうことにもなり兼ねませんので、怪我の修復を目指した治療を積極的に行なうことで治療を進めていくことが重要です。

痛みを取り除く治療を受ける場合でも、型遅れの治療器と最新式の治療機器ではその効果に違いが出るのは当然ですし、治療期間が長くなってしまうことも否定できません。

当院では患者様の早期回復や後遺症ゼロを目指して治療を受けていただきますのでむち打ち症や後遺症による頭痛やめまいでお困りの方がいましたらお気軽にご相談ください。