佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では交通事故による後遺症による治療を受けることができますが、後遺症は人により様々なお悩みを抱えています。

首や肩の痛み・腰の痛みに加えて、めまいや頭痛・吐き気などもあります。

重症の場合は、日常生活でも常に痛みを自覚してしまい、仕事に集中できないことや仕事が出来ずに労務不能となる場合もあるため早めの対応が必要とされます。

後遺症でお悩みの方は一度当院へご相談ください(相談無料)

後遺症の中でも【脳脊髄液減少症】と言われるものがあります。
近年研究も進んできましたが少し前まではその原因や状態を確認することができずに、症状を訴えることだけしかできないものでした。

では脳脊髄液減少症とはどういった状態なのかご説明します。

【脳脊髄液減少症=のうせきずいえきげんしょうしょう】

脳・脊髄を守っている脳脊髄液が何らかの原因によって漏れ出てしまい少なくなる疾患です。
脳脊髄液が少なくなることで、様々な症状を起こしてしまいます。

交通事故による外傷後に起こることがあると言われ、専門家の間でも意見対立が続く中で、ようやく外傷後の脳脊髄液の漏れが存在することが明らかになりました。

首の痛みから始まり、視覚や聴覚に影響が及んで、視力低下や視野が狭くなる視野異常や聴力低下や耳鳴りなどの症状を起こします。また高次機能障害、睡眠障害等の症状もまで起こすこともあります。

長年整骨院で患者様と話している中で気付いたことは、【原因がわからない痛み】で悩んでいることが多いという事実です。

患者様も原因がわかれば安心できるものが、原因がわからないことでいつまで続くのかと不安に感じることで自律神経症状を起こす方もいます。

痛みを常時自覚することは、身体にとっても強いストレスとなり身体に悪影響を及ぼすようになります。

当院では、痛みの原因をしっかりと見極め患者様に必要な治療を提供していきますので、まずはお気軽にご相談ください。

しかし一番重要なことは、「後遺症を残す前に治療を受けること」です。
後遺症を起こしてから後遺症治療を始めるのと後遺症を残さないように治療を受けるのでは治療期間に差が生じますので、受傷後はできるだけ早くに治療を開始してください。

当院による治療で症状改善に至った患者様は多数おられますが、状態が重い場合は後遺症リスクを考えた上で治療を進めていく必要があります。

お身体のことは絶対はありませんが、計画的に行なうことでリスク回避やリスクの低下を目指すことは可能です。