福岡県小郡市より妊娠中の交通事故治療で通院中のE様治療開始から現在までの流れ。
E様はお電話にてお問い合わせがありました。

事故に遭った時期の9月時点で妊娠5ヶ月でした。
事故直後に痛みが出ており、妊娠中ということもあり念のため病院へ受診しましたが、妊娠中ということで産婦人科の先生と相談してくださいと言われ、処置や薬など処方はされませんでした。

ご本人としては痛みを首と肩に自覚しており治療を受けたい意思がありました。

産婦人科の先生に相談しましたが、うつ伏せでマッサージされたり、激しい運動のようなことさえしなければ大丈夫と言われ近所の整骨院へ電話をかけたようです。
しかし妊婦は扱えないと何軒かの整骨院で断られました。

当院を知ったきっかけは、ママ友である友人の紹介でした。
友人の方から産後の骨盤矯正で通っている時に「私が通っているときに妊婦さんが通っていたよ!」と言われすぐに電話をかけたようでした。

【E様からのお問い合わせ内容】

・妊婦受け入れは可能ですか?
・交通事故治療で通いあいが可能ですか?
・治療を受ける時にうつ伏せはできませんが大丈夫ですか?
・産婦人科の先生から激しい運動はできないと言われていますが、治療は可能ですか?

と言うような内容でお問い合わせをいただきました。

【当院の回答】

妊娠中でも治療を受けることは可能ですし、現在妊婦の方で治療に通われている方もいらっしゃいます。
うつ伏せなどの体勢ができずに困る治療はありませんが、症状を改善を目指す上で使用できない治療もいくつかあります。しかし時間をかけてじっくりと治療を進めていきますので、なにも気にされる必要はありません。
産婦人科医の先生から止められているような、激しい運動を伴うこともありませんので安心して治療に通えます。

お電話の当日に受診していただき、検査や状態確認を行い治療を開始しました。

9月から頚部と右肩関節の治療を中心に行いました。
治療内容はお腹の赤ちゃんに負担がかからない姿勢で手技療法(マッサージ)と痛みなどの神経興奮を抑えるための低周波をかけました。

患者様も最初は心配されていましたが、初診で受診された時にしっかりとお話をした上で治療を行っていったためすぐにリラックスしていただけました。

手技療法と低周波にテーピングなどの安静を保持する治療を9月から始めましたが、順調に治療も進み症状も改善できましたので、今月末で治療を終了することを伝えています。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、妊婦の方の交通事故治療を受け入れることができますのでお気軽にご相談ください。