鳥栖市より交通事故治療で整骨院で治療を受けていたが、症状改善が見込めずに当院にご相談があり、転院した結果首と腰の痛みが完治しました。

【I様の事故状況】

県道を直進中に左脇の路面店から進行方向と逆側に道をまたがるように右折をする車の右側方に追突しました。
I様は突然目の前に遮るように出てきた車を避けることが出来ずに衝突をしたため車の損傷も大きなものとなり、エアーバックも作動しておりました。
事故直後より首と腰に痛みを自覚し、当日に病院へ受診しました。

病院での検査結果は「頚部捻挫」と「腰部捻挫」で全治1週間と言われました。

I様もそのまま病院で治療を受けるつもりでしたが、病院へ通う時間と仕事が終わる時間が合わずに近所の整骨院で治療を受けるようにしました。
事故の翌日から整骨院へ通う形になりましたが、治療開始1ヶ月を過ぎても一向に症状の改善が見られないために知人や同僚の方に相談したところ当院を紹介されお問合わせがありました。

当院へは、受傷後1ヶ月がちょうど過ぎたころに受診されました。

当院での検査を行なった結果、頚部と腰部に捻挫に伴った痛み(運動痛、自発痛)や関節の可動域の低下が確認することが出来ました。

関節の可動域滴下に加えて「関節拘縮」も生じており、早期に拘縮治療を進めていく必要がありました。

拘縮とは

関節を動かさないことによって関節が固まってしまう状態で、進行すると関節の機能低下をおこしてしまう。
拘縮治療では一般的には特効薬のような高い効果を示す治療がなく、継続的なリハビリテーションを受ける必要があります。

【I様の治療内容】

・低周波
・手技療法
・ハイボルト療法
・鍼治療
・灸治療
・頚椎矯正
・腰椎矯正

治療の間隔は、拘縮が伴っていたため【出来る限り続けて通院していただきました】

初期に感じていた強い痛みは、当院で治療開始2週間程で安定していきました。
患者様も早く治りたい気持ちで、指示通りきっちりと治療に参加していただきましたので、無事に治療開始4ヶ月目で頚部捻挫よ腰部捻挫が完治致しました。

受傷直後に感じていた痛みや転院直後に確認できた拘縮に関しても順調に治療が進み症状改善に至りました。

交通事故は気をつけていても起こるものですが、これから年末にかけて車が多くなったり、外出が増えることで交通事故の発生率も上昇しますので安全運転を心掛けてください。

事故に遭ったら初期に適切な治療を受けることで後遺症リスクを軽減できますのでそうなる前に受診してください。