交通事故に遭ってしまい怪我を起こしてしまった場合は当然ですが怪我に対しての治療を受ける必要があります。
交通事故による怪我は日常生活上で起こる怪我に比べて回復までの期間が長くなってしまいます。

ではなぜ交通事故による怪我は日常生活の中で起こるものに比べて治療期間が長くなってしまうかと云いますと、

事故時の衝撃の強さです。

車の衝突時にかかる衝撃の強さは100~200Gとも言われています。
事故の衝撃によって負担をかけてしまった場合は、部分的にストレスがかかってしまい負傷します。

衝撃の強さがそのまま怪我の度合いを決めてしまうことも多いため注意が必要です。

交通事故治療で大切な治療を受ける間隔ですが、とくに怪我の初期段階では続けて通院することで怪我の修復を早めてくれます。怪我を起こしてすぐは、身体も怪我に対しての反応を示してくれるので、初期処置を行なうことで怪我の回復を促してくれます。

逆に、怪我の初期段階で処置を受けないことで、怪我が悪化したり、怪我の治りが悪くなったり、再発を繰り返したりと様々なリスクが起こる可能性が増えてしまいます。

患者様に必要なことは、【治療計画通りに治療を受けることです】

私たちが患者様の症状を改善を目指す上で初期段階で、患者様に合った治療計画を決めていきます。
患者様が苦手な治療がございましたら、最初に言っていただくことでそれらの治療を省くこともできますし、症状改善を目指す上で必要な治療ですから代わりになる治療で対応していくことできますので、治療内容について気になることがあれば気軽に相談ください。

怪我を放っておくことで、怪我の悪化を招き後遺症を残すことにもなりかねませんので、治療計画に基づいた治療を受けていただいて、症状改善を目指していきましょう。

交通事故による怪我はむちうち症だけではなく、腰部捻挫からの腰痛や膝や肘の捻挫から肘痛、膝痛を起こすこともあります。めまいや耳鳴り・頭痛を引き起こすこともありますので、安易に考えていると症状がいつまで経っても引かないといったような状態にもなりかねませんので、計画的に治療を進めていきましょう。

事故で自覚する症状は上記だけはなく多岐にわたります。

当院は交通事故による怪我に対して特化した治療を行いますので、事故によるお怪我でお悩みの方はお気軽にご相談ください。