頭痛や首の痛みが交通事故に遭ってしまったあとに残ってしまうことがあります。

そうならないためにも適切な処置を計画通りに受けることが重要なのです。
状態によっては後遺症として今後の人生に不調や痛みを抱えたまま過ごすことにもなり兼ねませんので、早い段階での対応が必要となることもあります。

事故後の痛みや不調でお悩みの方は、当院へ一度ご相談ください。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、交通事故に特化した治療をご提案致します。
患者様が苦手な治療や怖いものを事前にお伝えいただくことで考慮した上で治療計画を立てていきます。
また治療途中での変更も対応致しますので、お気軽に先生や受付スタッフに伝えてください。

治療計画が決定し患者様が納得したら、計画に基づいて治療を進めていくことになります。

毎回、治療前にお身体の状態の経過を確認します。

他の医療機関からの転院も受付けておりますので、現在他の整骨院や整形外科、病院に通われているが、治療内容に納得がいかない方や症状改善がみられない方などお困りの方はご相談ください。

今回のブログタイトルでもある事故後の症状で最も多いものは、

首の痛みと頭痛です。

首の痛みは、むちうち症と言われその多くは「頚椎捻挫」が原因となって痛みを自覚します。
捻挫は、関節の可動域以上の動きを強いられることで発生し、初期段階では関節や関節付近の筋肉や神経へ炎症が波及します。炎症を早く抑えることで、初期症状の痛みが引いていくが初期対応が遅れることで痛みがあとに残りやすい環境を整えてしまいます。

頭痛に関しては、頚椎捻挫が起因となって神経の不調を起こしてしまい頭痛を起こしてしまうケースや自律神経が起因となって起こるケースが多いと思います。

自律神経の場合では、事故後のストレスや事故のトラウマによって誘発されるものもあり簡単に解決できない場合もあります。

事故に限らず怪我や病気は早い段階で処置を受けることで、その後が安定をみせやすいです。

 

交通事故は本当に怖いものです。
事故に遭わないように日頃から気をつけていても起こってしまうこともあります。

これから年末にかけて事故が多発しやすいこともありますので、より一層注意して運転を心掛けてください。

それでも事故に遭われた場合は、当院へご相談ください。