本日より平成30年初の診療日となります。
本日は朝から多くの患者様にご来院頂きましたが、正月のお休み期間中に交通事故に遭いやり取りをしていた患者様が数名いらっしゃいましたので、そのことについてお話します。

S様は正月に実家へ帰省中に交通事故に遭いました。久しぶり会う家族や親戚一同で晩ごはんを取るために外出した際、店舗へ入ろうと徐行した時に後方から追突され負傷しました。

8人乗り乗用車で同乗者は、子どもを含めて8人でした。
子どもたちに幸い怪我はなかったようですが、同乗していた大人の4名が首や肩に痛みや違和感を自覚しているようでした。そのうちお二人は当院へ通うことになりましたが、残りのお二人は大分県に住まれていることで、私の信頼のおける大分の整骨院をご紹介しました。

S様はご夫婦で追突時に最後尾の座席に座っており、事故の際は突然のことで最初はなにが起こったかわからないほどでした。

事故の後から2時間ほど経過してから徐々に首や肩に違和感を憶えて、ご主人様はさらに腰痛も自覚するような状態でした。

本日が当院への初めての受診でしたが、首や肩に熱感を確認することが出来ました。
また、頚椎や右肩関節と腰椎には正常値より動かせる範囲が狭くなる可動域の制限に伴った運動痛を確認することが出来ました。

炎症反応を早く落ち着かせる目的にアイシングや鍼灸治療、ハイボルト療法(深部までアプローチが行える電気療法)を受けていただきました。
施術直後は痛みも軽減しましたが、症状や状態も重く痛みが長期化するように感じたため効果的に治療を進めていくために、継続通院の指導を行ないました。

また症状が強く状態も軽くなかっため、念のために病院での検査を受けるように支持致しました。

患者様も首や肩の痛みが日に日に強くなることに、不安を憶えておりましたが、計画的に治療を進めていくことで症状改善の見込みがあることを伝えるとホッとしたようで帰りの際には笑顔で帰っていただけました。

事故は突然起こるものです。
突然のお怪我で不安にかられたり、苦しい思いをされる方は決して珍しくありません。
事故の後に痛みが出て困っている方や事故に遭った後にどうしていいかわからずにお困りの方がいましたら、佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へご相談ください。

当院は患者様の症状改善を目的に治療を進めていくだけではなく、患者様の不安も解消できるようにサポートしていきますのでお気軽にお問い合わせください。