突然の交通事故でパニックになることは珍しくありません。

今日は交通事故に遭った際に落ちついて対処できるように、ブログにまとめてみます。

【交通事故に遭った際の対処法】

 

①警察に連絡する。

事故に遭った際には必ず警察に連絡を行ない現場検証を受けてください。
警察の現場検証を受けることで、事故証明書を発行してもらえるようになります。事故証明書はその後の自賠責保険(任意保険)を使う際にも必要になりますので、必ず現場検証を受けるようにしてください。

②ご自身の主張をする。

交通事故の当事者同士はお互いの主張が合わないことがありますが、ご自身の主張をしないことで過失割合に差が生じてきます。過失割合が自身にとって分が悪くなると、その後にかかる治療費や慰謝料にも影響がありますので遠慮せずにしっかりと伝えることが重要です。

※ご自身で主張が苦手な方がいましたらドライブレコーダーを取り付けることで、言葉以上の説得力を発揮させることになりますので、多少費用はかかりますが取り付けておくことが理想的です。
近年では、360度見渡せるようなドライブレコーダーもあり、前方から事故だけではなく後方や側方からの事故状況まで確認することができるようなっているようです。

③お互いの情報を交換

名刺などがあれば理想的ですが、氏名・住所・電話番号はお互い聞くようにしてください。
この時に互いの加入している保険会社名を確認したり、自賠責保険の有効期限が残っているかを確認することができれば理想的です。

④痛みが出たら治療を開始

痛みが出たら我慢せずに早めに治療を受けることをおすすめします。交通事故による怪我はすぐに治るものもありますが、時間がかかるものもあり、その多く時間がかかってしまいます。
事故による怪我はそれだけ怪我の度合いが強いということにます。

※怪我の処置が遅れることで後遺症リスクが増えてしまいますので、少し違和感を感じているような状態でも早い段階で医療機関や当院へ受診ください。

※治療を開始する前に相手方の保険会社へ治療を受ける旨の電話を一本入れることで、医療機関や当院で患者様の治療にかかる費用がかからなくなります。

⑤示談

車の修理も終わり、お身体の状態が回復したら後は慰謝料や交通費・休業損害などを計算して納得いけばそこで示談で全て終わります。

※示談をした後はご自身の主張も通せなくなりますので慎重に行ってください。