交通事故に遭った後に痛みや違和感を感じずにそのまま生活をしていたら、1ヶ月を過ぎた頃に痛みを感じるようになりお問合わせがありました。

こういった場合はどうすればいいのか?自賠責保険(任意保険)の対象になるのか?

今回はこのようなケースについてご説明します。

交通事故に遭ったあとで直後に痛みを感じずに今まで通り生活をしていたら、徐々に痛みを感じるようになるようなことは決して珍しくありません。
しかし今回のように1ヶ月経ってから痛みを感じるようになった場合は通常、自賠責保険(任意保険)の対象から外されることが多いです。

実際に保険会社に問い合わせたこともありますが、保険会社の担当者からは「交通事故から1ヶ月を超えた後に痛みが現れても、交通事故との直接的な因果関係が確認できないため自賠責保険(任意保険)が認められません。」と言われました。

わたしも実際に治療を行なう側ですが、怪我を起こした直後であれば何らかの怪我の反応を患者様のお身体を検査していく中で発見することが出来るため、患者様が自覚している症状が交通事故による怪我と判断できます。
しかし事故から期間が明けば開くほど、怪我の反応を見つけることが困難になりますので、保険会社の担当者が言うことに反論する要素が見つかりにくいです。
もちろん骨折や脱臼などの大きな外傷を放置したり、見逃している場合など明らかに怪我とわかる場合は例外として認められることがありますが、基本的には1ヶ月を超えた場合は保険対象から外される可能性が高です。

【保険対象から外される可能性が高いケース】

・交通事故から1ヶ月を超えた
・前回の治療日から1ヶ月を超えた
・通院の間隔が空きすぎている。

とくに最後の通院の間隔が空きすぎる場合は、治療に行っても行かなくても大丈夫と保険会社の方も考える要素として大きいと思います。交通事故によるお怪我は日常生活上で起こる怪我に比べて重症度も高くあとになって症状をおこすこともあります。痛みや違和感を感じている場合は出来るだけ後遺症を残すことのないように治療を受けることをおすすめします。

※補足として、お仕事等で他県や海外に行くケースで事前に伝えることで上記の保険対象から外されるケースから例外として認められることもあります。

自賠責保険についてわからないことがありましたら、お気軽に佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へご相談ください。