交通事故に遭った場合に同乗者がいた際に、補償はどうなるの?の質問をされました。

お車の運転中に交通事故に遭った場合は、同乗者も運転者(契約者)の保険や相手方の保険を使うことができますのでご安心ください。運転者や相手方の保険を使うのですが、一般的には加害者(事故の過失割合によって決定される)の保険を使用します。
同乗者の方が乗っているお車が例えば信号停車中に後方より追突を受けた場合は、運転者の非がありませんので当然過失割合は10対0となります。このケースでは運転者のお車の修理代や運転者・同乗者の治療費や慰謝料は加害者の契約している保険会社から支払われる形となります。

また運転者の方が自損事故を起こしたケースでは、運転者の保険契約時の内容によっても異なりますが、お車の修理代は運転者が加入している保険会社が負担をしてくれます。運転者や同乗者の方が怪我をした場合は運転者の保険会社が補償を行ってくれるため安心して治療にかかることができます。

事故に遭われたすぐには痛みが出なくても時間が経ってから痛みを自覚することは珍しくありません。
痛みが出たらすぐに当院へご相談ください。早めの対応で早期回復を目指すことができます。

どんな補償が付いているかなど、ご自身で車の保険内容を詳しく認識している方はとても少ないと思います。
契約更新の時期にそのまま更新する方も少なくありません。

保険は定期的に現在の世の中の問題も加味されながら良い保険に変わっている部分もありますので、更新時期になったら見直しをすることも考えましょう。

最近では「弁護士特約」も付帯している保険も多いですが、私の保険にも付いています。
以前は弁護士の先生にお願いするようなこと少なかったと思いますが、近年では弁護士に相談するケースも増えてきています。当院へご通院の患者様も同様です。

過失割合に納得がいかないケースや慰謝料などの保障内容に納得がいかないケースなど交通事故に不慣れな患者様が不利益を被る場合などは弁護士の先生に相談することをおすすめしております。

もしもの備えでもある「保険」はあれこれ付けると費用がかさみますが、もしもの時にの助けになります。

大きな問題には解決できないこともありますが、患者様のお悩みのを聞くことで解決できる問題や専門家を紹介することもできますので、お困りのことがあればお気軽にご相談ください。