今回は交通事故による後遺症いついてお伝えします。

交通事故は大きい事故もあれば軽微な事故もありますが、軽微な小さな事故だからといって後遺症を残さないわけではありません。事実として大きな事故の場合は後遺症リスクが高まりますので、初期段階で適切な処置を受けることが重要となってきます。

では後遺症を残す理由としてどういったものがあげられるのか?

①事故直後に適切な処置を受けていない
②事故の後に、病院や整形外科に行ったがその後の治療を受けていない
③事故治療へ通院する際に、計画通りに治療を受けていない
④事故治療中に通院期間が大きく空いてしまった
⑤交通事故の損傷によるダメージが大きかった

後遺症は怪我の度合いによっては、残念ながら残ってしまうこともあります。
しかし事故直後から積極的に治療を受けることで後遺症リスクを軽減することは可能です。

事故に遭った後になにもせずに放置することで後遺症を残してしまうのは残念です。

事故後に少しでも違和感や痛みを自覚したら迷わずに佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へお問い合わせください。当院では患者様の症状改善に向けておひとりおひとりに合わせた治療をご提案します。

病院や整形外科、他の背骨院でご通院の方で症状改善が見られない患者様がいましたら我慢なさらずに転院してください。当院では他の医療機関からの転院も受け入れていますのでご安心ください。

転院にかかる手間は電話一本で済みます。

【後遺症で残りやすい症状】

・痛み(首や肩の痛み、頭痛)
・首や肩・背中にかけて自覚する凝り
・動きの低下(首を動かすと痛む)
・自律神経症状(不眠、いらいら、めまい)
・神経症状(しびれや握力低下)
・その他の症状(目の疲れ、吐き気やだるさ)

上記の症状も事故直後に感じるものばかりではなく、交通事故治療に通っている間や治療が終了した後に感じる場合があります。

交通事故治療に感じる症状が後遺症として残る場合は、症状固定としてその後の後遺症診断をうけて後遺症を認定を受けることで補償はされますが、治療終了後に感じるようになった場合は「示談」を済ましているので補償が認められにくいです。

そうならないためにも、少しでも違和感を感じた場合は初期段階で適切な時期、適切な間隔で治療を受けてください。