よく交通事故が多発する場所がありますが、必ずしも見通しが悪い交差点や道路ではなくても起こっています。

当院は佐賀県三養基郡基山町の3号線沿いにあるのですが、JR鹿児島本線のけやき台駅から徒歩5分ほどのところに位置しています。
3号線はけやき台駅へ向かう車ばかりではなく久留米市と福岡市の間を通勤や通学または生活道路として使っている方が多いと思います。3号線は大型トラックも多く高速道路が天候や事故などで止まることで一段と交通量が増してしまします。

本日もけやき台駅の近くの3号線沿いでトラックと普通自動車の交通事故が発生していました。
普通自動車の方はフロント部分に大きな損傷があり、事故の大きさが確認できました。幸い運転手の方が外に出て話してあるのを見ることができましたのでほっとしました。

交通事故によって怪我をした場合は、事故の後にすぐ痛みが出るものばかりではなく、時間が経過して自覚する症状もあるため、事故直後に痛みを感じなくても、怪我をしていないと安心するのは危険です。

交通事故は日常生活で起こる怪我に比べて、事故時の衝撃の強さが極端に強いため、怪我の度合いが重たかったり、後遺症を残してしまう可能性が潜んでいます。

後遺症として残ってしまう症状には、軽度の痛みから麻痺など重症例まで幅広くあります。また外見から怪我や後遺症としてすぐに判断できるものであれば、後遺症認定までに時間がかかりませんが、ムチウチ症などの内部の怪我で痛みや不調、頭痛や自律神経症状などを残す場合は、患者様の症状と後遺症認定が必ずしも合致しないこともあるため注意が必要です。

むちうち症で後遺症を残さないためにも、積極的に計画通りに治療を受けることが重要です。

むち打ち治療は患者様の状態や症状に合わせて治療計画を立てていきます。
手技療法や低周波治療、ハイボルト療法(複合型高周波)、骨格矯正(骨盤矯正、猫背矯正)、鍼灸治療など患者おひとりおひとりに合わせた治療をご提案したします。

むちうち症の多くは「頚椎捻挫」ですが、首にはたくさんの神経や血管が通っており怪我をすることで首の関節でもある頚椎の捻挫に併発して、神経や血管を傷めてしまうことがあります。

当然ですが怪我は小さいほうが早く治り後遺症リスクも低いです。
怪我は悪化させないことも重要なことでもありますので、「後遺症を残したくない」・「事故による怪我を早く治したい」と思われる方は佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院へご相談ください。