通い慣れた道でもある日突然起こるのが交通事故です。

交通事故によって起こる怪我には後遺症リスクを考えないといけません。
事故による怪我は衝突時の外力が極端に強く重症になってしまうこともあります。
骨折や脱臼であれば、脊椎の骨折や脱臼、骨盤の骨折、膝の骨折や肩関節の脱臼や骨折など、今後の生活に影響を及ぼすこともあり、部位よっては怪我の後遺症を残していしまいます。

脊椎の怪我は、神経を痛めてしまうことで下半身不随や麻痺が残ったりと取り返しのつかない怪我を引き起こしてしまうことにもなり兼ねませんので、安全に気をつけて運転を心掛けてください。

関節や筋肉の怪我においては、適切に計画的な治療を受けることで後遺症リスクは軽減できます。
関節の怪我では「捻挫」と云った怪我が主ですが、捻挫も軽度なものから重度のものまであります。捻挫と安易に考えて治療をせずに放置することで症状がいつまで経っても引かない状態を引き起こしてしまいますので、はやmの対応が理想的です。

また筋肉のけがは「挫傷=ざしょう」や「肉離れ」といった傷病名(怪我の名前)ですが、筋肉の怪我は挫滅症候群(クラッシュシンドローム)といった緊急を要する怪我も潜んでいますのでこちらも注意が必要です。

怪我や病気は放置することで、怪我の回復を遅らせるばかりではなく、後遺症を引き起こしたり、残してしまうことになりますので、初期段階で適切な処置を受け、その後の治療も先生の指示を守り通院しましょう。

怪我は初期には炎症反応が出現し、その後に関節や筋肉が痛みで動かせないために固まってしまいます。そのまま放置することで「拘縮=こうしゅく」を残してしまい、「関節が動かせない」・「筋肉が動かせない」などの症状を残してしまいます。

拘縮は一度残してしまうと完全位に回復すまでに時間がかかってしまいますので、できることなら拘縮にならないように治療を進めていくことが理想的です。
拘縮を残してしまった場合は、当院によるハイボルト療法で関節へのアプローチを行い早期回復を図ることができます。

関節の怪我や筋肉の怪我に特化した佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院への交通事故治療で早期回復を目指していきましょう。

交通事故による怪我は治りにくいのも特徴です。しっかり治して元の生活に一日でも早く戻れるようにサポート致します。