交通事故と聞くと非日常的な感覚で捉える方は少なくありませんが、当然ですが毎日、日本や世界中で起こっているものです。ニュースでもよく見かけると思いますが、自動車とバイク、自動車と自転車や歩行者などの交通事故があってます。テレビで見ても恐ろしいのに実際に交通事故に遭ってしまうと考えるととても怖くなりますよね。

自動車とバイク(自転車や歩行者)が事故に遭ってもほとんど自動車が悪くなります。

そして、バイクや自転車、歩行者の人は、車に乗っている人より大きなけがをしてしまいます。

バイクはエンジンがついていながらも自転車と同じ二輪のため安定性に欠け、からだを多く露出してしまっているため、事故が起こってしまったときに運転している人の損傷が大きくなる傾向があります。そのため、自動車との事故における過失割合においては保護されることになります。

バイクの事故(自転車や歩行者)では、四輪車の事故以上に死亡率や重症を負ってしまう可能性がとても高いので、被害者にとっても影響が大きいです。また、バイクを相手に事故を起こしてしまうと、四輪車側の過失割合が高くなってしまい、莫大な賠償金が発生してしまうことも実状です。

一番怖いのは、事故の相手やご自身に重い後遺症を残してしまったり、死亡事故となることです。

先程も伝えたように、バイクや自転車、歩行者と自動車との事故の場合は、露出が高い前者のケガの重症度が極端に重いケースが多いです。
車同士の事故で10kmのスピードで衝突しても小さな凹み程度の事故であったとしても、歩行者や自転車、バイクであれば、骨折や脱臼、激しい打撲、肉ばなれ、脊髄損傷を招く危険性もあります。

大きな固い石を突然投げられたようなことと考えてください。
事故は気をつけて運転をしていても、加害者となることもあります。

ちょっとした不注意での事故で相手に一生の傷を残してしまう可能性が潜んでいますので、車の運転に注意のし過ぎということはありませんので、安全運転を心がけましょう。

事故に遭ってしまい痛みを感じたら早期に対処をすることで、怪我の回復を早めてくれます。ケガが早くなることで後遺症リスクを軽減できますので、我慢なさらずに早めに受診してください。

佐賀県三養基郡基山町の多賀鍼灸整骨院では、交通事故に特化した治療で患者様の早期回復を目指していきます。また交通事故にまつわる様々な問題にもサポート致しますので、お気軽にご相談ください。